卓球ドライブで空振りをするのはなぜ?8つ原因と対策・徹底解明!!

 
Pocket

卓球の中で、一番恥ずかしいミス…と言えるのは「空振り」です。

豪快にスイングしたラケットにボールが当たらず、虚しさでメンタルがやられてしまいますね。

そういった「ドライブをするときの空振りが、悩みの種になっている」という初・中級者は、非常に多いです。一方、上級者になるほど、空振りはほとんどしません。この差は一体何なんでしょうか?

今回は、ドライブで空振りをする8つの原因と対策について、解説します。

【期間限定】攻撃の要となるドライブを磨いて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

ボールをよく見ていない

ドライブを空振りする原因で、一番はじめに考えられるのは、ボールをよく見ていないことです。これは、初心者に多いです。

ボールをよく見ていないと、体の位置やラケットの高さなど、詳細な調整ができません。なので、空振りをしてしまうのです。

初心者のうちは、慣れや練習量も必要です。ボールをよく見て、ドライブを練習しましょう。ラケットに当たる瞬間を「点」で捉えるのではなく、ボールが飛んでくる軌道を含めて「線」で捉えて見るようにしましょう。

飛んでくるボールをよく見ることで、様々な情報を正確に得ることができます。

このように、ボールをよく見ていないことが、ドライブで空振りをする原因の一つです。

【期間限定】ドライブをマスターして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

ボールを見過ぎている

ドライブを空振りする原因で、前述したものとは反対に、ボールを見過ぎていることがあります。

これにより、打つ直前の、微妙な変化に対応できません。

ラケットにボールが当たるまで、「じっ」とすベてを見ていると、体の動きが鈍くなります。これは、打つことよりも見ることに集中し過ぎているからです。

もちろん、飛んでくるボールのコース・長さ・速さ・回転を把握するのは、とても大事なことです。

しかし、目的は見ることではなく、ドライブで打つことです。自陣コートでバウンドするまでを、見て打ちましょう。

このように、ボールを見過ぎていることが、ドライブで空振りをする原因の一つです。

【期間限定】ドライブのコツを押さえて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

打点が遅い

また、打点が遅いことも、ドライブで空振りをする原因の一つです。

なぜなら、下図のように頂点を過ぎたボールの軌道と、スイングの軌道が平行になってしまうからです。

このタイミングでは、ラケットとボールの接地面積が、最小になります。この状態で打つのは、非常にむずかしいです。

特に、頂点後をループドライブで打とうとすると、よくこうなります。空振りの他に、ラケットの角に当たって、ミスをする原因にもなります。

なので、打点は遅くせず、頂点を打つといいです。下図のように、ボールがラケットに向かってくるところを捉えましょう。

以上のように、ドライブで空振りをする原因の一つに、打点が遅いことがあります。

【期間限定】威力のあるドライブを打てるようになって卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

右肩が下がっている

ドライブで空振りをする原因の一つに、右肩が下がっていることがあります。

これにより、スイングの軌道が、意図したものからズレてしまいます。

ドライブを打つ準備で、体勢を低くしたときに、極端に右肩が下がっていないか確認してください。下がった右肩が、打つときに元の位置に戻ることで、スイングの軌道がズレてしまいます。この動きは必要ないので、しっかりと矯正しましょう。

 

無意識にそうなっている場合もあるので、動画を撮って客観的に見たり、他の人のドライブと比べたりするのもいいです。

このように、右肩が下がっていることも、ドライブで空振りをする原因です。

【期間限定】攻撃の要となるドライブを磨いて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

ラケットの面を被せ過ぎている

ドライブで空振りをする原因に、ラケットの面を被せ過ぎていることがあります。

これにより、下図のようにラケットとボールの接地面積が少なくなるので、当たらずに空振りをします。

スピードドライブや、カウンタードライブのときに多い傾向です。ボールの上側を捉えようとすることで、接地面積が少なくなり、打つのがむずかしくなります。

威力も大事ですが、無理をせず面の角度を調整して打ちましょう。薄く当ててこするのではなく、ボールをラバーに食い込ませるように当て、引きつれで回転をかけるといいです。

以上のように、ラケットの面を被せ過ぎていることが、ドライブで空振りをする原因の一つです。

【期間限定】ドライブをマスターして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

ボールの軌道上にラケットを準備できていない

ボールの軌道上に、ラケットを準備できていないことも、ドライブで空振りをする原因の一つです。

相手ボールが曲がったり、沈んだりするものだと、それに合わせて打つ直前にも調整が必要です。

自陣コートでのバウンドまでに、相手のスイングやボールの軌道から、大まかな予測を立てます。このとき、バウンド後の変化についても、ある程度は想定しておきます。そして、バウンド後に予測とは違った分を調整して、ドライブを打ちます。これができると、ほとんど空振りをしなくなります。

高さの変化や左右の振れ幅を、どれだけ正確に予測できるかがカギです。また、打つ直前でのボールの変化にも対応できるように、瞬発力や柔軟性を磨きましょう。

このように、ドライブで空振りをする原因の一つに、ボールの軌道上にラケットを準備できていないことがあります。

【期間限定】ドライブのポイントを押さえて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

力み過ぎている

ドライブで空振りをする原因に、力み過ぎていることがあります。

バックスイングのときや打つ直前に、強いドライブを打とうとして力が入ることはよくあります。しかし、これが過度になると、イメージしているスイングから大きくかけ離れたものになってしまいます。

その結果が、空振りによる失点です。なので、張り切る気持ちを抑えて、力み過ぎないようにしましょう。

このように、力み過ぎていることも、ドライブで空振りをする原因の一つです。

【期間限定】威力のあるドライブを打てるようになって卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

打つときに頭が動いている

打つときに頭が動いていることも、ドライブで空振りをする原因の一つです。

なぜなら、打球点がズレるからです。

威力のあるドライブを打とうとしたり、得点を狙う気持ちが先走ったりして、前方に意識がはたらくことがあります。そうすると、打つ前に先に頭が動いてしまい打球点がずれるので、空振りをします。

前述した、力み過ぎていることにも似ていますが、余計な考えや力は排除しましょう。姿勢を低くして、視点の高さをボールに合わせて打ちます。

このように、ドライブで空振りをする原因の一つに、打つときに頭が動いていることがあります。

【期間限定】攻撃の要となるドライブを磨いて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

ここまで解説したように、ドライブで空振りをする原因は8つあります。

・ボールを見ていない

・ボールを見過ぎている

・打点が遅い

・右肩が下がっている

・ラケットの面を寝かせ過ぎている

・ボールの軌道上にラケットがない

・力み過ぎている

・打つときに頭が動いている

初・中級者は、ボールの軌道をきちんと予測し、イメージ通りのスイングができるようになることが大事です。

上級者はこれに加えて、バウンド後の変化にも対応できるので、空振りをしないのです。どんなときもボールに合わせて打つことを、忘れないでくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】ドライブをマスターして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ