卓球初心者向け・試合大会での基本的な公式ルールを簡単解説

 
Pocket

卓球ではどんな試合も、公式ルールに基づいて行われます。

しかし、卓球のルールは細かくたくさんあり、初心者のうちは一度に把握しきれないことも多いです。

でも大丈夫です、安心してください。1つ1つはむずかしくはなく、きちんと理解すれば身につくものばかりです。試合の前に、もう一度確認しておきましょう。

今回の記事では、卓球初心者向けに、試合や大会の基本的なルールについて解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】初心者が知っておくべき練習ステップ・卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球試合のルール

卓球の試合のルールは、以下のようなカテゴリーに分けられます。

・試合形式について

・サーブのルール

・ラリーのルール、点数の入り方

・ダブルス

・促進ルール

・反則について

・タオル使用と休憩のタイミング

・タイムアウト

・ラケットのルール

それぞれについて、解説します。

試合形式について

卓球の試合形式は、シングルス・ダブルス・男女に関わらず、すべて同じです。

試合は、「セット」(または「ゲーム」)という単位で進みます。1セットは11点で、サーブは2本交代です。先に11点を取ったほうが、そのセットの勝者です。

10-10になった場合は、「デュース」と言います。デュースになると、これまでとはルールが変わり、サーブは1本ずつとなります。

そして、2点差をつけたほうが、勝ちとなります。なので11点を越えて、例えば12-10や13-15などのカウントで、そのセットを終えることになります。

1セットが終わると、チェンジコートをします。チェンジコートは、チェンジエンドとも言います。最終セットでは、どちらかが5点取ったら、同様にチェンジコートをします。こうして、各コートでプレーする回数を同じにします。

このようにして、セットを繰り返します。

基本的には、5セットマッチです。なので、先に3セットを勝ち取った選手が、その試合の勝者となります。7セットマッチもありますが、これは全国大会や国際大会など大きな大会の、シングルスのみで適用されます。

ダブルス・団体戦では、大会の規模に関係なく5セットマッチです。この理由は、試合時間が長くなるためです。

以上が、卓球の試合形式です。

サーブのルール

卓球のサーブのルールには、以下のようなものがあります。

 

・相手が構えたのを確認してからサーブを打つ

・サーブを打つ前に、いったん静止する

・手の平を開き、指は揃えた状態でトスをする

・トスはほぼ垂直に、16cm以上あげる

・トスをあげて、ボールが落ちてきたタイミングで打つ

・2度打ちをしたり、ラケット以外のものにボールが当たったりしてはいけない

・台の上で打ってはいけない

・打つ瞬間の、ボールがラケットに当たるところを隠さない

・下図のように、自分のコートにワンバウンド、相手コートにワンバウンドするように打つ

・空振りすると失点

・サーブがネットに当たって、相手コートに落ちたときはやり直し、自分のコートへ戻ったときは失点

・シングルスでは、どの位置からどのコースへのサーブもOK

・サーブミスは1回目から失点

・違反サーブをすると失点

サーブのルールについては、こちら↓の記事で詳しく解説しています。

卓球のサーブのルール順番や位置、ダブルスは対角線の斜めクロスに!

このように、サーブに関するルールは、細かくたくさんあります。

ラリーのルール・点数の入り方

卓球では、お互いにボールを打ち合い、最後まで返球した人が得点を得ます。

どんな場合でも、得点は1点です。2点や5点といった単位で、点数が入ることはありません。

サーブは自陣コートで1バウンドさせて打ちますが、下図のように、レシーブ以降は相手コートに1バウンドだけするように打ちます。

また、相手サーブやボールが自陣コートでバウンドする前に、ノーバウンドで打つと失点となります。

下図のように、エンドラインの外側でノーバウンドのボール、つまり相手がオーバーミスしたボールに、ラケットが触れても問題ありません。

エンドラインとは、ネットに対して平行な、台の縁の白いラインのことです。

これは、自分に1点入ります。

ただし、相手のオーバーミスがサイドラインを切るときは、注意が必要です。サイドラインは、ネットに対して垂直な、台の縁の白いライン(両サイド)のことです。

エンドラインより内側で、このボールにラケットが触れると、相手の得点となります。ちょうど、下図のようにです。

以上が、ラリーのルールと点数の入り方です。

ここからは、ラリー中に起こるネットイン・エッジ・サイドについて、それぞれ解説します。

ネットインは有効

ラリー中のネットインは、有効です。

「ネットイン」とは、打ったボールがネットに触れてから、相手コートに入ることを言います。ネットを支えているサポート(支柱部分)に当たって入っても、有効です。

netin2.png

netin3.png

サーブでのネットインは、サーブのルールで解説したように、やり直しとなります。

netin6.png

しかし、ラリーではすべて有効です。