卓球バックハンドサーブのコツ・下回転や横上回転の打ち分け方

 
Pocket

卓球のサーブには、色々な打ち方のものがあります。

バックサーブもその1つで、初心者でも覚えやすく、便利で重宝します。

今回の記事では、そんな卓球のバックサーブメリットや出し方のコツ、戦術などについて解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】バックサーブができるようになって卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックサーブとは

バックサーブとは、バックハンドで出すサーブのことです。

正式には「バックハンドサーブ」と言います。バックハンドは、利き手と逆側の面で打つことを言います。

バックサーブは、下図のように、台に対して正面を向いた状態から打ちます。また、上から見て、左から右方向にスイングします。

逆横回転(反時計回りの回転)のサーブで、巻き込みサーブやYGサーブと同じ回転です。

巻き込みサーブやYGサーブについては、以下の記事↓で解説しています。

卓球巻き込みサーブのやり方とコツ!そもそも巻き込みサーブとは??

卓球YGサーブのやり方・コツ・打ち方!メリットや戦術まで

下図のように、相手のラケットに当たると向かって右に飛ぶので、自分のフォア側に返球されやすいです。

相手に対して横向きの状態から出すサーブは、「フォアサーブ」と言います。単に「サーブ」と言うとこちらを指すことが多く、バックサーブとは区別されています。

体全体を使って打てるフォアサーブよりも、可動域が小さいバックサーブは、コントロール重視になることが多いです。なので、サービスエース(サーブで得点すること)を狙わずに、ラリーに持ち込みたいときに使用します。

こうした特徴から、カットマンが多用するサーブです。

攻撃型の選手では、現在はフォアサーブが主流で、バックサーブを出す選手は少ないです。試合の流れを変えたいときや、フォアサーブが相手に通用しないときなど、限定的に使われています。

このように、バックサーブをする人が少ないので、有利との声もあります。

以上のように、バックハンドで出すサーブのことを、バックサーブと言います。

【期間限定】バックサーブをマスターして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックサーブのメリット

バックサーブのメリットは、以下の3つです。

・簡単に出せる

・コントロールしやすい

・同じスイングで3つの回転のサーブを出せる

それぞれについて、解説します。

簡単に出せる

バックサーブのメリットは、簡単に出せることです。

同じ逆横回転のサーブには、YGサーブや巻き込みサーブがあります。

これらよりもスイングがシンプルなので、覚えやすくミスをしにくいです。また、回転もかけやすいです。

このように、バックハンドサーブは、簡単に出すことができます。

コントロールしやすい

バックサーブのメリットは、長さや速さをコントロールしやすいことです。

これは、正面を向いて構えることで、打つ位置がズレにくく、第一バウンドを狙いやすいからです。なので、台のギリギリにバウンドする長いサーブも、ネット側にバウンドする短いサーブも出しやすいです。

下図のように、長いものを出すときは、自陣コートでのバウンドをエンドライン付近にします。「エンドライン」とは、ネットに平行な台の端の白い線のことです。

反対に短いものを出すときは、ネット付近にバウンドさせます。

バックサーブでは、台に対して正面を向いて構えるので、この第一バウンドの位置を狙いやすいです。ゆえに、長さのコントロールがしやすいのです。

また、スピードのコントロールもしやすいです。

他のサーブに比べて腕の動きがシンプルなので、速くスイングすることができます。これにより、スピードの速いロングサーブを容易に出すことができ、相手の意表を突くこともできます。

このように、長さや速さのコントロールしやすいことが、バックハンドサーブのメリットです。

同じスイングで3つの回転のサーブを出せる

同じスイングで3つの回転のサーブを出せることも、バックサーブのメリットの1つです。

バックサーブでは、逆横下回転・逆横回転・逆横上の、3つの回転を繰り出すことができます。

後述するように、これらは同じスイングで、打つタイミングを変えるだけで出し分けられます。

スイングが同じだと、相手は回転の判別がしにくいです。これを意図的かつ簡単にできることは、非常にすばらしいです。

このように、バックハンドサーブのメリットの1つに、同じスイングで3つの回転のサーブを出せることがあります。

【期間限定】バックサーブのメリットを活かして卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックサーブのデメリット

バックサーブのでメリットは、以下の3つです。

・バリエーションが少ない

・インパクトを隠しにくい

・3球目攻撃でフォアハンドを打ちにくい

それぞれについて、解説します。

バリエーションが少ない

バックハンドサーブのデメリットは、バリエーションが少ないことです。フォアサーブと比較すると、その差は歴然です。

フォアサーブでは、グリップを持ち変えてスイングができます。これにより順横回転と逆横回転、どちらも出すことが可能です。

しかし、バックサーブではグリップを持ち変えることはむずかしいです。なので、回転はそのままのグリップで打てる、逆横回転のみとなります。

このように、バリエーションの少なさが、バックハンドサーブのデメリットです。

インパクトを隠しにくい

バックハンドサーブのデメリットには、インパクトを隠しにくいことがあります。

「インパクト」は打つ瞬間のことです。相手はこれを見て、回転やコースを判断します。

バックサーブは体の正面で打つため、相手にインパクトが見えやすいです。ラケットの面が、どの角度でボールに当たったかが相手に見えると、サーブの回転がバレてしまいます。

体の横側で打つフォアサーブなら、フォロースルーを工夫することでこれを回避できます。「フォロースルー」は、打った後のラケットの動きです。どのサーブでもこれを同じにしておくと、相手に回転がバレにくくなります。

このように、インパクトを隠しにくいことが、バックハンドサーブのデメリットの1つです。

3球目攻撃でフォアハンドを打ちにくい

3球目攻撃でフォアハンドを打ちにくいことも、バックハンドサーブのデメリットです。

後述するように、バックハンドサーブは、右足を前にして構えて出します。この足の位置は、フォアハンドを打つときとは逆です。なので、3球目攻撃でフォアハンドが打ちにくいのです。

特に、バック側に返されたボールを、回り込んでフォアで打つのは大変です。窮屈な動きになり、素早く回り込むことがむずかしく、練習が必要です。

このように、バックハンドサーブのデメリットは、3球目攻撃でフォアハンドを打ちにくいことです。

【期間限定】効果的にバックサーブを使って卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックサーブの出し方とコツ

ここからは、バックサーブの出し方とコツについてです。

・構え方

・打ち方/スイング

それぞれについて、解説します。

構え方

まず、バックサーブの構え方とそのコツについて、解説します。

下図のように、センターラインよりも左のバック側で、台に対して正面を向いて構えます。

ここで、右足を前、左足を後ろに置くことがコツです。足の大きさ1つ分くらい右足を前にして、体重を乗せておきます。そして、右肩を前方に向けるようなイメージで、上体を軽く捻って前傾姿勢をとります。

トスをする左手にボールを乗せ、その脇の下にラケットを差し込む形にします。このとき、左手の指を台につけておくことがコツです。ちょうど、下図のようにです。

こうすることで、サーブの長さと高さのコントロールがしやすくなります。

打つ位置がエンドラインから離れ過ぎると、台上で2バウンドするような、短いサーブが出せません。なぜなら、打ってから第一バウンドまでの距離が長いほど、ボールが勢いづいて大きくバウンドしてしまうからです。

なので、できるだけエンドラインに近い位置で打てるように、構えを整えます。台上からトスを上げたり、台上で打つのはルール違反ですが、指が台に乗るのは大丈夫です。

さらに、これにより必然的に姿勢が低くなるので、打つ位置も低くなります。つまり、バウンドが低く、相手がレシーブしにくいサーブを出せるのです。

以上が、バックサーブの構え方とそのコツです。

打ち方・スイング

次は、バックサーブの打ち方・スイングとそのコツについて、解説します。

トスを上げたら、ラケットを右側へ引っ張るようにスイングし、バック面でサーブを打ちます。このとき、打つ位置は左腰の前〜正面にすることが大事なコツです。

これが、右側になればなるほど、回転をかけるのがむずかしくなります。

侍が左腰に納めている刀を、一気に引き抜くようなイメージでスイングします。下図のように、肘と手首を起点にスイングし、力を込めるのは左腰の前までです。

そして、腕だけではなく、体重移動をして打つこともコツです。

構えで右足に乗せていた体重を、インパクトで左足へ移動させましょう。これにより、強い回転がかかり、動作も安定します。

基本的に逆横回転がかかるので、下回転系は逆横下回転になります。真下回転にしたいときは、できるだけ面を寝かせてボールの底を擦ります。

以上が、バックサーブの打ち方・スイングとそのコツです。

【期間限定】バックサーブのポイントを押さえて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックサーブの出し分け方

バックサーブでは、ボールを打つ位置を変えるだけで、逆横下・逆横・逆横上回転の3つを出し分けることができます。

・逆横下回転

・逆横回転

・逆横上回転

それぞれの打球ポイントについて、解説します。

逆横下回転

バックサーブで逆横下回転を出すには、下図のように、体の左側で打ちましょう。

ラケットを自分の体の左から、前方へ振り下ろしているタイミングでボールを捉えます。このスイング方向のときに打つと、ちょうど逆横下回転になるというわけです。

合わせて、腰の回転を利用し、できるだけボールの底側を捉えるようにしましょう。

このように、体の左側で打つと、逆横下回転のバックサーブになります。

逆横回転

バックサーブで逆横回転を出すには、下図のように、体の正面で打ちます。

体の真正面でボールを捉えると、ちょうどラケットを横にスイングしているタイミングになります。これにより、逆横回転がかかります。

ラケットの角度を立てるほど、横回転が強くなります。

このように、体の正面で打つと、逆横回転のバックサーブになります。

逆横上回転

バックサーブで逆横上回転を出すには、体の正面より少し右で打ちます。ちょうど、下図のようにです。

前述した逆横回転のときよりも、打つタイミングをわずかに遅らせます。

こうすることで、ラケットを引き上げる動きのときに打つことになり、逆横上回転になります。

このように、打つタイミングを体の正面より少し右にすると、逆横上回転のバックサーブが打てます。

【期間限定】色々なバックサーブを出し分けて卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックサーブの戦術

最後に、バックサーブの戦術についてです。

・逆横下回転

・逆横回転

・逆横上回転

それぞれの回転別に、戦術例を紹介します。

逆横下回転

逆横下回転のバックサーブは、基本的に短く出します。

・フォア前に短く出す場合

・バック前に短く出す場合

それぞれの戦術を紹介します。

フォア前に短く出す場合

逆横下回転のバックサーブを、相手のフォア前に短く出す場合の戦術について、解説します。

逆横下回転のバックサーブを、相手のフォア前に短く出します。逆横回転なので、下図のように、相手のフォア側へ曲がるボールです。

このサーブでは、相手にツッツキで、自分のミドル前やフォア前に返球されることが多いです。フリックでレシーブをされたとしても、ブロックするほどの強いボールにはなりません。なので、これらをドライブで狙います。

強打できないときは、相手のミドルに打って詰まらせましょう。そうしてチャンスボールを作り、次で得点します。

また、このサーブは、レシーブでチキータをされたくないときにも有効です。相手のフォア側へ曲がるので、バックハンドで打つチキータはやりにくくなります。

以上が、逆横下回転のバックサーブを、相手のフォア前に短く出す場合の戦術の一例です。

バック前に短く出す場合

逆横下回転のバックサーブを、相手のバック前に短く出す場合の戦術について、解説します。

逆横下回転のバックサーブを、相手のバック前に短く出します。このサーブは、確実に攻めたいときに多く使います。ポイントは、バック側からではなく、下図のようにフォア側から出すことです。

こうすることで、空いているバック側に返球される確率がグッと上がります。心理的作用を活かして、コースを誘導するのです。

そうして、バック側にツッツキで返球されるのを待ち構えていて、回り込んでドライブまたはバックドライブで攻めます。

回り込むときは動く範囲が大きくなるので、注意してください。ツッツキではなく、ストップで相手にレシーブをされることもあります。この場合の展開も頭に入れた上で、ヤマを張りましょう。

以上が、逆横下回転のバックサーブを、相手のバック前に短く出す場合の戦術の一例です。

逆横回転

逆横下回転のバックサーブを出す場合の戦術について、解説します。

逆横下回転のバックサーブは、相手のミドルに速く長く出します。

このときのポイントは、ボールが相手コートでバウンドして、曲がった先がミドルになるようにします。ミドルとは、下図のように、ラケットを持っているほうの腰あたりのコースのことです。

台の真ん中ではないので、注意しましょう。

ここは、卓球でもっとも打ちにくいコースと言われていて、フォア・バックハンドどちらで打つか迷うところです。相手の体が詰まったり、体勢が崩れたりすれば、チャンスです。

フォアハンドで、相手のバック側いっぱいに打ち込みましょう。これが返球されたとしても、チャンスボールになることが多く、今度はフォアへ打てばOKです。

以上が、逆横下回転のバックサーブを、相手のミドルに速く長く出す場合の戦術の一例です。

逆横上回転

逆横上回転のサーブは、相手に予測されていると、強打されるリスクがあります。なので、しっかり見極めてから出しましょう。

・フォアに速く長く出す場合

・バックに速く長く出す場合

それぞれの戦術を紹介します。

フォアに速く長く出す場合

逆横上回転のバックサーブを、相手のフォアに速く長く出す場合の戦術について、解説します。

このサーブは、相手の意表を突きたいときに、非常に有効です。

真ん中寄りのバック側から、相手のフォア側へ、スピードの速い長い逆横上回転を出します。ちょうど、下図のようにです。

少し真ん中に寄るのは、相手のフォアサイドを切るボールにするためです。

スピードがあり、相手のフォア側へ曲がるボールなので、よほど待たれていない限り、強烈に打たれることはありません。ドライブを打たれることは多いですが、返球できるレベルのものです。

そして、下図の赤色部分のように、コースはミドル~フォア側に限定されやすいです。

こうして予測して待てるので、ドライブを打たれても問題ありません。カウンターをして、ラリーの主導権を握りましょう。相手に「打たれる」のではなく「打たせる」のです。

相手のバック前に、短い逆横下回転サーブと組み合わせて使うと、より効果的です。

以上が、逆横下回転のバックサーブを、相手のフォアに速く長く出す場合の戦術の一例です。

バックに速く長く出す場合

逆横上回転のバックサーブを、相手のバックに速く長く出す場合の戦術について、解説します。

逆横上回転のバックサーブを、相手のバックに速く長く出します。

このサーブでは、相手コートでのバウンドが、台の端ギリギリにすることがポイントです。スピードがあって長いことで、相手はこれを回り込んで打ったり、強打することがむずかしいです。

なので、レシーブは角度を合わせて返球する程度にとどまります。

3球目攻撃ではたたみかけるように、早いタイミングでドライブやスマッシュを打って、相手を圧倒します。ラリーのテンポが速いので、振り被りすぎないように気をつけてください。

以上が、逆横下回転のバックサーブを、相手のバックに速く長く出す場合の戦術の一例です。

【期間限定】バックサーブからの戦術をマスターして卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

ここまで、卓球のバックサーブメリットや出し方のコツ、戦術などについて解説しました。

バックサーブは簡単なので、初心者も習得しやすいサーブです。多用せずとも、試合の流れを変えたいときなど、効果的に使うのもアリです。

また、戦術の幅も広がるので、覚えておいて損のないサーブです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】バックサーブを身につけて卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ