卓球フォアハンドとは打ち方/コツ・基本フォーム/ストローク・ラリー練習

 
Pocket

卓球において、フォアハンドは最も使用頻度が高く、打つ感覚を身につけるためにも非常に重要な基本技術です。

なので、卓球を始めるにあたり、これの練習から取り組む人がほとんどです。

フォアハンドは、その後に習得する色々な応用技術にも通じているので、きちんとマスターしておきましょう。

この記事では、そんな卓球のフォアハンドの打ち方やコツ、基本フォームやストロークなどについて解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】フォアハンドが得意になって卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球フォアハンドまたはフォアとは

フォアハンドまたはフォアとは、利き手側で打つことを言います。シェークハンドでは、手の平側で打つことを指します。

このフォアハンドのスイングを「フォアハンドストローク」、ラリーで連続して打つことを「フォア打ち」と言います。

【期間限定】フォアハンドのコツを押さえて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球フォアハンド・きれいなフォームとは

卓球に限らず、どのスポーツでもきれいなフォームとは、合理的なフォームのことを言います。スイングの形が美しいことに加えて、無駄のない動きや力加減で、効率的なものを指します。

基本フォームは、応用技術を習得するときのベースになります。なので、これがきれいなほど様々な技術に対応しやすく、上達のスピードも早くなります。

ゆえに、一番はじめに習得するフォアハンドのフォームは、とても重要です。

以上のように、合理的なフォームのことを、きれいなフォームと言います。

【期間限定】きれいなフォアハンドのフォームを習得して卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球フォアハンド・構え方

フォアハンドの構え方について、解説します。

まず、足は左足が前です。足の大きさの半分くらい、左足を前にして立ちます。

両足の間隔は肩幅よりほんの少し広めにし、頭の位置が5cmくらい下がるように、膝を曲げます。そして、上体を15°ほど前傾させて構えます。

肘は右脇腹の前・ラケットは胸の前にセットし、脇はボール1個分あけておきます。

このようにして構えることで、体重移動がしやすく、ボールにしっかりと力を加えることができます。

棒立ちだと打球が不安定になり、きれいなフォームの習得どころか、相手コートへ返球することもむずかしくなるので気をつけましょう。

以上が、フォアハンドの構え方です。

【期間限定】フォアハンドのポイントをつかんで卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球フォアハンド・基本の打ち方とコツ

フォアハンドの基本の打ち方は、以下の通りです。

・コンパクトにバックスイング

・ラケットの角度

・スイングは体の回転を使って前方向に

・打球点は頂点

・ボールは間接視野で見る

・打つときに体重移動

・打った後はラケットを直線的に戻す

それぞれについて、コツを交えながら解説します。

コンパクトにバックスイング

フォアハンドを打つときは、コンパクトなバックスイングをとります。

ラケットを胸の高さから、右腰の横あたりに引きます。このとき、腕だけで引くのではなく、腰を右に小さくひねる動作で、体の回転を意識しながら行ってください。

また、バックスイングが大きくならないように、気をつけましょう。バックスイングが大きいほど、威力のあるボールを打てますが、力加減やコントロールが不安定になります。

基本のフォアハンドを覚えるためには、安定して返球することが先決です。

このように、コンパクトなバックスイングを心がけましょう。

ラケットの角度

フォアハンドは、肘・手首・ラケットの先端まで一直線にしたときの角度で打ちます。

構えたときに、ラケットの先端が、外側や内側へ向いていないか確認してください。

続いてラケットの面が、上や下を向いていないかチェックしましょう。

卓球は、約0.3秒で返球されるので、打つたびに角度を変えられません。なので、色々な打ち方に対応できるようにしておくことが大事です。

ラケットの先端が上がっていたり、反対に下がっていたりすると、打ちやすい打ち方とそうでないものが出てきます。後から直すのは大変なので、はじめにきちんと基本を習得しておきましょう。

また、打ちやすい位置まで、しっかり動いて打つことも大事です。ボールとの距離が遠いと、ラケットの角度が狂いやすくなります。ゆえに、相手ボールに合わせて体を動かして、正しい角度でフォアハンドを打ちます。

このように、肘・手首・ラケットの先端まで一直線にしたときの角度で、フォアハンドを打ちます。

スイングは体の回転を使って前方向に

フォアハンドのスイングは、体の回転を使って前方向にします。前方向というのは、打つコースに対してです。

クロスコースに打つときは、フォロースルー(打った後の腕の動き)が台の対角線方向になるようにします。ストレートコースの場合も、同様の要領です。

前方向にスイングすることで、ボールの動きを流れで捉えることができます。これは「点ではなく線で捉える」とよく表現されます。

こうすることで、相手のボールのスピードやボールの位置が変わっても、同じスイングで打つことができます。

下の写真のように、横方向に・ワイパーのようにスイングをするのはダメです。

こうしたスイングでは、ある1点の打球点でしか打つことができず、安定して相手のコートに返球できません。

また、体の回転を使ってスイングしましょう。バックスイングで、右にひねった腰を戻すようにして打つことがコツです。

フォア打ちで連続して打つ場合は、ひねる度合いが大きくならないように注意してください。次の打球に間に合うように、肩の位置を変えない程度に行いましょう。威力よりも、コントロールを重視してください。

このように、フォアハンドのスイングは、体の回転を使って前方向にすることです。

 打球点は頂点

フォアハンドの打球点は、頂点です。「打球点」とは、ボールを打つタイミングのことを言います。

バウンドの頂点は一番打ちやすく、安定して返球することができます。

はじめのうちは、動作やスイングが追いつかず、頂点を過ぎてしまうことも多いです。なので、頂点前を打つ意識でやるといいです。

自陣コートでボールがバウンドしたら、早いタイミングで打つ気持ちで取り組んでください。

また、下図のように、体の斜め前(上から見て45°付近)で打つことがコツです。

このように、フォアハンドでは、頂点を打ちます。

ボールは間接視野で見る

フォアハンドやフォア打ちのとき、ボールは間接視野で見ましょう。「間接視野」とは、特定のものに焦点を絞らず、視界全体を捉える見方のことです。

ボールを直接見ると、顔や首が動いてしまい、これにつられて体の動きも変わってくるからです。「しっかりボールを見て打て!」なんてよく言われますが、お門違いです。

1回だけ打つのならまだいいですが、ラリーでは何回も打つ必要があります。なので、顔は正面に向けたまま、間接視野でボールを捉えて打ってください。

おいおい経験することですが、放たれたボールよりも、相手のスイングや動きなどの情報量のほうが、はるかに多く重要です。間接視野は、これを得るのにも役立ちます。

このように、ボールは間接視野で見て、フォアハンドやフォア打ちをします。

打つときに体重移動

フォアハンドを打つときは、体重移動をします。これをすることで、体全体を使って打つことができるので、打球が安定します。

右足に体重を乗せておいた体重を打つのと同時に、左足へ移動させます。フォア打ちでは、スイングとともに体重移動も右⇄左と繰り返します。

体重は片足に乗せ切るのではなく、乗せた反動で戻るようにして、もう片方の足に乗せましょう。こうすることで、スムーズでスピーディーな体重移動になり、速いラリーにも対応しやすいです。

このように、体重移動をしてフォアハンドを打ちます。

打った後はラケットを直線的に戻す

フォアハンドを打った後は、ラケットを直線的に戻しましょう。特にフォア打ちでは、意識してください。

スイングした軌道に沿うように、ラケットの位置を戻して、次のボールを打ちます。

直線的な動きにすることで、時間ロスが少なくなり、テンポの速いラリーやスピードのあるボールに対応しやすくなります。

一昔前までは、打ち終わったらラケットをいったん体の正面に置いて、三角形を描くような動きをしていました。現代の卓球ではスピードが速いので、これをしていると間に合いません。

ラケットの移動距離は、最短にすることがコツです。

このように、フォアハンドを打った後は、ラケットを直線的に戻します。

【期間限定】フォアハンドのコツを押さえて卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球フォアハンド・フォア打ちが上手になるためには

フォアハンドやフォア打ちが上手になるためには、まず確実に返球できるようになりましょう。

ラリーが続かなければ、打つ回数が必然的に減り、練習量も少なくなってしまいます。

コントロールは、ラリーを繰り返す中で覚えることができます。また、確実に返球できているのなら、フォームも大きくは間違っていないはずです。

ラケットの角度やスイングの方向、体の使い方などを調整し、とにかく返球第一です。卓球では、最後まで打ち返した人が得点します。このルールが、すべての道理を物語っています。

このように、確実に返球することが、フォアハンド・フォア打ちが上手になるために必要なことです。

【期間限定】フォアハンドが得意になって卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球フォアハンド・フォア打ちの練習方法

フォアハンドやフォア打ちの練習方法には、下記の2つがあります。

・多球練習

・ラリーで練習

それぞれについて、解説します。

多球練習

フォアハンドやフォア打ちの練習方法に、多球練習があります。

「多球練習」とは、複数のボールを用いて行うもので、1球につき1回だけ打ちます。ミスをしてもボールを拾いに行かなくて済むので、効率的に反復練習をすることができます。

練習相手に、はじめはゆっくりボールを出してもらって、これをフォアハンドで打ちます。

確実に返球できるようになったら、徐々にスピードをあげてもらったり、バウンドの低いボールを出してもらって練習しましょう。

このように、まずは多球練習で、フォアハンドやフォア打ちの練習をします。

ラリーで練習

ラリーでも、フォアハンドやフォア打ちを練習します。

強く打つのではなく、出来る限り長くラリーが続くようにします。ラリーの中で、1球1球ボールに合わせて打つことを覚えましょう。

これまでに解説した、距離感の調整やスイングなどが正しく実践できているか、確認しながら取り組んでください。

以上のように、ラリーでフォアハンドやフォア打ちの練習をします。

【期間限定】フォアハンドの練習を通して卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

今回の記事では、卓球フォアハンドの打ち方や基本フォーム・ストローク、フォア打ちでのラリーなどについて解説しました。

フォアハンドは重要な基本技術なので、必ず習得しましょう。そして、きれいなフォアハンドストーロークは上達のカギです。

コツを押さえて練習すればむずかしくないので、楽しみながら取り組んでくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】フォアハンドのコツを押さえて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ