卓球ダブルス・カットマンは誰と組む??経験談を交えて解説

 
Pocket

卓球のダブルスでは、どの選手とペアを組むかが重要です。

これによって、ラリーの展開や戦い方は大きく違い、勝敗にも影響します。

特にカットマンは「どの選手と組めばいいのかわからない」「組む相手がいない」と思う人が多いです。

この記事では、そんな卓球のダブルスでの、カットマンのペアリング・組み合わせについて解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】カットマンのダブルスの組み方をマスターして卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ダブルス・カットマンと攻撃型のペアは微妙

卓球のダブルスで、カットマンと攻撃型のペアは微妙です。

なぜなら、各々に高い技術がないと、互いの長所を潰し合うだけだからです。

カットマンは、台から距離を取ってプレーします。一方、ドライブ主戦型や前陣速攻型などの攻撃型の選手は、台の近くでプレーします。

なので、攻撃型の選手同士で組むときのように、クルクルと回ったりせず、下図のように十字に動きます。

動く範囲が異なるので、ぶつかる心配はありませんが、他にメリットはあまりありません。

私は前陣速攻型で、カットマンとダブルスを組んだことがありますが、正直言うとむずかしかったです。

カットマンがサーブをするときは、攻撃型の選手が3球目攻撃をしやすいように、短いものを出します。反対に、攻撃型の選手がサーブをするときは、カットマンがカットをしやすいように、長いものを出します。

カットマンが3球目を強打することはほとんどないので、攻撃回数が少なくなり不利です。また、ラリーでは基本的に、カットマンが打ったボールを相手ペアに狙い撃ちされます。

なので、これを攻撃型の選手は確実にブロック、もしくはカウンターできることが必須になります。カット打ちのブロックは意外とむずかしく、タイミングが取りにくいので練習が必要です。

カウンターをすると、ラリーのテンポが急に速くなるので、カットマンはこれに備えておかなければいけません。

こうして、お互いにシングルスのときとは大きく違う、打ち方や動きが求められます。コミュニケーションをしっかりとって、ラリーの展開や問題点を共有して対応することが大事です。

そして、カットマンは狙い撃ちされないように、威力のあるカットをすることも求められます。

例えば、強烈な下回転のかかったボールを繰り出すことができれば、相手はツッツキで返すしかなくなります。そうなれば、こちらの攻撃チャンスとなり、一気に形勢逆転となります。

けれども、攻撃型同士のペアように、いつも連続して攻撃できるわけではないです。よって、一度相手に凌がれると、展開がリセットされてしまいます。ゆえに、ときにカットマンも、攻撃的に打つことが求められます。

勝つためには、攻撃型選手の高い守備力と、カットマンの威力のあるカットや攻撃の両方が必要になります。

このように、カットマンと攻撃型の選手が、ダブルスで組むのは微妙です。

【期間限定】カットマンのダブルスの組み方を知って卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ダブルス・カットマンが組むといいのは守備型の選手

卓球のダブルスで、カットマンがペアを組むといいのは、攻撃型よりも同じ守備型の選手です。

攻撃型の選手同士でダブルスを組むように、守備型の選手同士で組んだほうが、リズムが整います。しかし、攻撃する機会が圧倒的に少ないので、シングルスのときと同様に、粘り強いラリーを強いられます。

カットマン同士のペアでは、両者ともに前後左右に大きく動くため、ぶつからないよう気をつけてください。

それから相手ペアは、ラリーで2人を片方のコースに寄せて、空いたコースに強打を打つ戦術をとってくることがほとんどです。ちょうど、下図のようにです。

これをさせないようにするには、相手ペアを振り回したり、回転量に変化をつけたカットで揺さぶる必要があります。また、相手ペアに「強打されることはない」と安心してラリーをさせないように、攻撃力も必要です。

実力レベルと相性次第では、鉄壁のダブルスになり得ます。

このように、カットマンは、攻撃型よりも同じ守備型の選手とダブルスを組むといいです。

【期間限定】カットマンの特性を活かしたダブルスで卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ダブルス・カットマンは高い技術が必要

ダブルスでカットマンが活躍するには、高い技術が必要です。

前述したように、攻撃型の選手とペアを組んだときには、相手ペアにカットマンのボールを狙い撃ちされることが多いです。

これをさせないために、威力のあるカットや攻撃的に打つことも必要になります。

また、守備型と組んだときは、いつも以上のフットワークを強いられます。動く範囲がより大きくなる上に、威力のあるボールを安定して繰り出さなければなりません。

シングルスで十分な実力があり、なおかつパートナーも同様であれば、戦い方の幅も広がります。しかし、そうでない場合やパートナーとの実力差があると、互いの長所を打ち消し合ってしまいます。

対戦相手やペアが、カットマンが苦手な場合には有効ですが、それ以外では厳しい試合となることが多いです。

このように、カットマンがダブルスで活躍するには、高い技術が必要です。

【期間限定】ダブルスでのカットマンのメリットを考慮して卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

今回の記事では、卓球ダブルスでのカットマンのペアリング・組み合わせについて、解説しました。

ダブルスでは、カットマンは高い技術を求められます。また、攻撃型・守備型どちらの選手と組んでも、課題があります。

それらをパートナーと共有して、歩んでいきましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】カットマンのダブルスの組み方をマスターして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ