卓球台の公式サイズ・大きさや高さなど国際規格寸法について

 
Pocket

卓球は、今や広く愛されるスポーツとなりました。競技としてはもちろん、娯楽やレジャーで取り入れられる機会も増えています。

それゆえに「自宅に練習場を作りたい」「庭で卓球をしたい」など、ニーズも様々です。

ところで卓球台を置くとしたら、いったいどれくらいのスペースが必要かなんて、ピンと来ない人がほとんどだと思います。

この記事では、卓球台の公式サイズの寸法や国際規格、色々な大きさの卓球台について解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】卓球の基礎知識を増やすことで上達が早くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球台の公式サイズ・国際規格の寸法

卓球台の公式サイズ・国際規格の寸法について、解説します。

卓球台の天板(ブルーの面)の大きさは、長さ2.74m・幅1.525mです。高さは76cmで、地面と水平になるように設置されます。

そして、下図のように、2.74mの辺をちょうど2等分するようにネットが張られます。

台の両端ついているのは、ネットサポート(支柱)です。ネットの上部には、紐が通されています。これをサポートに渡して、固定します。

また、ネットの両端が筒状になっているものもあります。こちらの場合は、サポートに被せるようにして固定します。

こうして張られたネットの高さは15.25cmで、台に対して垂直になるようにします。

白い線は、センターライン・サイドライン・エンドラインです。

下図のように、ネットに対して垂直に引かれた線で、台の真ん中のものがセンターライン、両端の2つがサイドラインです。そして、ネットに並行なものが、エンドラインです。

どれも、サーブを打つときのルールに関わってきます。ちなみに、センターラインの幅は3mm、サイドラインとエンドラインは2cmです。

1980年代まで、卓球台は深い緑色でした。しかし、当時の国際卓球連盟会長の荻村伊智朗さんが、青色の卓球台を発案・製作しました。これが、1991年の第41回世界卓球選手権と、1992年のバルセロナオリンピックで使用され、世界中に広まって今日の主流となったわけです。

以上が、卓球台の公式サイズ・国際規格です。

【期間限定】基礎知識を得ることで理解が深まり卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球台の公式サイズ・バンビの部は高さ66cm

卓球台の公式サイズは、バンビの部では高さが異なり、66cmです。「バンビ」とは、小学2年生以下の部のことです。

大きさは国際規格と同じで、長さ2.74m・幅1.525mです。

国際規格より高さが10cm低い理由は、ネット付近のボールを打てないからです。

まだ体が小さいうちは、短いボールに手が届かず、ラリーになりません。なので、バンビの部に限り、高さは66cmとなっています。

小学3・4年生の部からは、国際規格と同じ76cmとなります。

小学校は年齢に応じて、3つの部に分かれています。3・4年生の部を「カブ」、5・6年生の部を「ホープス」と言います。小学生の大会のことを、3つの部の頭文字をとって「ホカバ」と呼ぶ人もいます。ついでですが、中学校は「カデット」、高校からは「一般」です。

ネジの位置一つで、高さを変えられる卓球台も販売されています。英才教育の際はぜひ、この点をお忘れなく。

このように、バンビの部では、卓球台の高さは66cmです。

【期間限定】卓球の基礎知識を増やすことで上達が早くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球台その他のサイズ・エンタメ用の寸法

国際規格の他にも、色々なサイズの卓球台があります。家庭用やレジャー用のもの、卓上に置ける小さなものまで様々です。

家庭用サイズは、国際規格よりも一回り小さいものが多いです。天板の大きさはだいたい、長さが240cm、幅が120cm、高さが75cmです。6畳間にこれを置いてダブルスをすると、少し手狭に感じる大きさです。

家庭用サイズよりもさらに小さい、コンパクトサイズもあります。長さが180cm、幅が90cmと、国際規格の2/5くらいの大きさです。小さいので持ち運びや収納がしやすく、値段も安いです。本格的なプレーをしない人や、エンタメで楽しみたい方にはおすすめです。

下図は、各卓球台の寸法比較です。

このように、色々な大きさの卓球台があります。

【期間限定】様々な道具の特性を活かして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

今回の記事では、卓球台の公式サイズの寸法や国際規格、様々な大きさの卓球台について解説しました。

競技用の国際規格は世界共通で、バンビの部では高さが66cmです。また、家庭用に作られた小さめのものまで、色々あります。

あなたに合った大きさの卓球台は見つかりましたか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】卓球の基礎知識を増やすことで上達が早くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ