卓球ロビング打ちの鉄則とコツ!!絶対に負けられないラリー

 
Pocket

卓球には、様々なラリー展開があります。

ロビング打ちもその1つで、全身を大きく使って打つ姿は、よくテレビなどでも取り上げられています。

見る分には楽しめていいのですが、実際にロビング打ちをするとなると、想像以上に大変です。普段のラリーとは大きく違うので、戸惑ったり「打ち方や打つタイミングがわからない」という人も多かったりします。

この記事では、そんな卓球のロビング打ちの鉄則やコツについて、解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】ロビング打ちを極めて卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ロビング打ちとは

ロビング打ちとは、ロビングで上げられたボールを、スマッシュで打つことです。

ロビングとは、下図のように、身長を越えるような高いバウンドのボールのことです。

ラリーで後手になり、後陣に下がった選手がロビングを上げます。

このように、ロビングで上げられたボールをスマッシュで打つことを、ロビング打ちと言います。

【期間限定】ロビング打ちのコツを抑えて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ロビング打ち・絶対にミスをしない

ロビング打ちでは、絶対にミスをしないことが大事です。

なぜなら、慌てて得点しなくても大丈夫だからです。ロビングを上げている相手は、後陣に下がっているので、落ち着いて得点しましょう。

しかし、ロビング打ちは、見た目以上に難易度が高いです。

普段の練習では、低いボールを打つことのほうが圧倒的に多く、不慣れなこともあります。天井の高さが十分でないなど、環境的にロビング打ちをすることがむずかしかったり、練習を取り入れていても時間が短かったりします。

なので、ミスをするリスクのない程度、7〜8割の力で打って相手のミスを待ちます。必ずしも全力で強打する必要はないのです。

反撃をされたとしても、後陣からの攻撃なので、そう強いボールではありません。落ち着いてブロックをして、その後も丁寧に攻めましょう。

このように、ロビング打ちでは、絶対にミスをしないことが大事です。

【期間限定】ロビング打ちでのミスをなくして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ロビング打ち・相手のバック側に打つ

ロビング打ちでは、相手のバック側に打つのが鉄則です。

なぜなら、相手がミスをしやすいからです。また、フォア側に打つと、反撃される可能性が大きくなるからです。

フォアハンドに比べて、バックハンドは腕の可動域が狭いです。なので、ロビングを上げる際も、バックハンドで行うほうがむずかしいです。よって、相手がミスをしやすいバック側に打つのが、定石です。

下図のように、バックサイドを切るように打つと、相手を大きく動かして揺さぶることができます。

反対にフォア側に打つと、相手に逆襲されることもあります。強い回転をかけられたり、強打されたりしやすいです。

ただし、相手が回り込もうとしたときに、フォア側へ打つのはアリです。

このように、相手のバック側に打つのが、ロビング打ちの鉄則です。

【期間限定】ロビング打ちで逃さず得点して卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ロビング打ち・打球点とスイング

ロビング打ちの打球点とスイングについて、解説します。

ロビングは身長を越えるような高さのものが多く、バウンドの頂点を打つのがむずかしい場合が多いです。

頭上の高さ〜身長+50cmくらいまでなら、腕を伸ばしたり、ジャンプをしたりして、頂点を打つことができます。しかし、あまりにバウンドが高いものは、頂点後や頂点前を狙って打ちましょう。

頂点後を打つ場合は、下図のようにボールが自陣コートでバウンドしてから、頭上の高さに落ちてきたところを打つと一番ミスが少ないです。

体は後ろから前へ踏み込み、スイングは上から下方向に向かって振り下ろします。

テニスのサーブやバドミントンのスマッシュのように、肩をまわして相手コートにボールを叩きつけるイメージで打ちます。スイングが上から下方向になる分、打球点を落としすぎるとネットミスをしやすくなるので、注意してください。

頂点前を打つ場合、つまりボールが上昇するタイミングで打つと、返球までの時間が短く、相手の意表をつくことができます。

しかし、自陣コートでのボールの落下地点を予測する必要があり、難易度が高くなります。ゆえに、ミスをするリスクも増えるので、上級者向けです。

以上が、ロビング打ちの打球点とスイングです。

【期間限定】ロビング打ちを確実にして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ロビング打ち・ストップの狙いどころ

ロビング打ちでは、ときにストップも有効です。「ストップ」とは、相手ボールの勢いを殺して、ネット付近に小さくバウンドさせることを言います。

ロビングを上げるために、相手は台から離れたところにいます。このとき、台上で2バウンド以上するような短いボールを打つと、相手は手が届きません。

なので、スマッシュを打つ以外にも、得点する手段としてストップがあります。また、ロビング打ちに疲れたときにも、使用できます。

しかし、下手なストップでは、相手に反撃のチャンスを与えてしまうので、注意してください。ストップができるのは、下図のように、バウンドがネットに近いロビングです。

目安は、自陣コートの半分より、ネット側でバウンドするボールです。これを狙って、ストップをします。

ボールの落下地点を素早く判断し、バウンド直後に軽く触れるように打ちます。力んでいると強く当たってしまうので、リラックスして打つことがコツです。

低い軌道で返すことよりも、台上で2バウンド以上させることを優先しましょう。

このように、ロビング打ちでは、ときにストップも効果的です。

【期間限定】効果的なストップで垢抜けた卓球をする方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

今回の記事では、卓球のロビング打ちの鉄則やコツについて、解説しました。

ロビング打ちでは、ミスをしないことが最優先です。とは言え、簡単なことではないので、ポイントをしっかり抑えて練習しましょう。

確実にできるようにしておくと、いざというときに安心です。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】ロビング打ちを攻略して卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ