卓球ラケットのルール規定と、大きさについての意外な事実

 
Pocket

卓球を楽しむ中で、「ラケットはどんなものでも試合で使用できるのかな?」なんて思ったことはありませんか?

ふとしたときに、こうした素朴な疑問を持つ人は多いです。自分が使っているラケットが、競技用としても認められるものなのかどうか、気になるところですね。

「ラケットが違反で失格…」なんて悲しい思いをしないように、事前にきちんと知っておきましょう。

この記事では、卓球のラケットのルール規定や、大きさについて解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】ラケットの特徴を活かして卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ラケットのルール規定

卓球のラケットのルール規定について、解説します。

J.T.T.A.A.刻印とメーカー名の表示

卓球のラケットには、「J.T.T.A.A.刻印」と「メーカー名」の2つの表示が必要です。

なぜなら、日本国内では、日本卓球協会の公認制となっているからです。

その公認の証が、J.T.T.A.A.刻印です。J.T.T.A.A.は、Japan Table Tennis Association Approvedの略で、意味は「日本卓球協会公認」です。

これがグリップ(柄)部分に、刻印されているラケットでなければいけません。ちょうど、下の写真のようにです。

赤い四角で囲っている部分が、J.T.T.A.A.刻印です。

また、メーカー名が表示された、プレートやレンズなども必要です。上の写真では、青い丸で囲っている「Butterfly」がメーカー名です。他にも「TSP」や「Nittaku」など、メーカーはたくさんあります。

卓球用具のショップで買うラケットには、大抵どちらもついています。この2つが確認できないと、公式大会ではルール違反とみなされる可能性があります。

グリップテープを巻いていて、これらが見えない場合は、一旦テープをほどいて審判に見せなければいけません。小規模なオープン大会などで、指摘されることは少ないですが、事前に申し出て確認をとっておくほうがいいです。審判からOKをもらえれば、使用できます。

また、こういった規定は日本国内のみです。他の国では、こうしたものはありません。なので、海外から取り寄せたラケットには、J.T.T.A.A.刻印がないものもあります。こちらも同様に、審判の許可があれば使用できます。

あまり流通していないものや、明らかに品質レベルが違うものなどは、認められないこともあるので注意してください。

以上のように、ラケットには「J.T.T.A.A.刻印」と「メーカー名」が表示されていることが、必須です。

ラケットの素材は85%以上が天然木

卓球のラケットの素材は、85%以上が天然木である必要があります。残りの15%は、その他の素材でもOKです。

最近では、カーボンや特殊ファイバーなど、様々なものが使われています。こうした特殊素材を使うことで、弾みやすくしたり、スイートスポット(ボールを打つのに最適な個所)を広げたりしています。

このように、ラケットの素材は85%以上が天然木と、規定で決められています。

ラケットに貼っているラバーの色は、赤と黒

ラケットに貼っているラバーの色は、赤と黒でなければいけません。

これは、ルールで決められています。どちらの面で打ったのかが、ハッキリとわかるようにするためです。

シェークハンドのラケットでは、フォア・バック面のラバーが赤と黒の2色になっている必要があります。両面とも赤や黒など、単一色の組み合わせは違反です。また、青や緑など他の色のラバーもダメです。

ペンホルダーで裏面にラバーを貼っている場合も、同様です。表面にだけラバーを貼っている場合は、どちらか好きなほうの色を選べます。

こうした規定がなかった、1983年の世界選手権大会では、無名の選手が優勝しました。ルールの盲点をついて、同じ黒色で性質の異なるラバーを使用していたのです。これにより、対戦相手は回転の判断がつかず、どんな実力者もミスを連発して敗北しました。

この出来事がきっかけで、ラバーの色は異なる色にするルールができました。そののちに、ボールや台とも違う、明らかに判別しやすい色ということで、赤と黒になりました。

以上のように、ラケットに貼っているラバーの色は、赤と黒に決められています。

ラバーはラケットに対して適切に貼る

ラバーは、ラケットに対して適切に貼るように、規定で決められています。

ラバーは、ラケットの打球面より大き過ぎても、小さ過ぎてもいけません。有り余るようにラケットからラバーがはみ出していると、ルール違反です。反対に、小さ過ぎてラケットの木目が見えるのもいけません。

許容範囲は、2mmとされています。ラバーは、ラケットの打球面と同じ大きさにします。

このように、卓球のラケットでは、ラバーは適切に貼らなければいけないルールです。

ラバーがはがれているのはダメ

ラケットに貼ったラバーが、はがれているのはダメです。この状態では、ルール違反になる場合があります。

ラケットの淵から概ね2cm程度なら、はがれていてもOKです。全体的にはがれているものはもちろん、一部が極端に取れている状態は認められません。

はがれたラバーでボールを打つと、イレギュラーなボールになります。「奇想天外なボールを打てるのでいい」と考えるかもしれませんが、実際にはコントロールが悪くなってミスが増えます。試合前にはラバーがはがれていないか、きちんとチェックしておきましょう。

このように、ラバーがはがれているラケットは、ルール違反になります。

ラバーの厚さは、接着層を含めて4.0mmまで

ラバーの厚さは、接着層を含めて4.0mmまでと、規定で決められています。

ラバーの厚みが4.0mmを越えると、違反になります。一般的なラバーで、一番厚みのある「特厚」のもので、2.1mmほどです。規定の最大値では、これの2倍近くあります。

なので、実際に規定を越えているラバーは、不自然なくらい分厚いものになります。

このように、ラケットに貼るラバーの厚さは、接着層を含めて最大4.0mmです。

ラバーの表面は平坦に

ラバーの表面は、平坦になっている必要があります。この理由は、表面に凹凸があると、ボールの回転やスピードに影響があるからです。

卓球はあくまでも、ラケットの角度や打ち方によって、ボールを変化させる競技です。予期しないことで打球が変化すると、実力勝負になりません。

このように、ラケットのラバー表面は、平坦にしておくルールです。

ラバー表面の光沢は基準以内

ラバー表面の光沢は、基準以内でなければなりません。なぜなら、過度にキラキラと光っていると、相手は見にくく不利になるからです。

規定で決められている光沢の基準は、光沢尺時計で24%以下です。特別に何かをしない限り、気にする必要のない規定です。間違ってもラバーに油を塗ったり、ラメをふりかけたりしないようにしましょう。

このように、ラバー表面の光沢は、基準以内である必要があります。

補助剤や有機溶剤性接着剤は禁止

補助剤や有機溶剤性接着剤を使うことは、禁止されています。補助剤とは、ラバーを貼るときに使われるもので、ラバーの性能を引き上げる効果があります。

しかし、こうした補助剤や有機溶剤性接着剤は、人体に悪影響を与えます。実際に事故が起こったことがキッカケで、2008年からは禁止となりました。

なので、これらを使用するとルール違反となります。

日本卓球協会ルール審判委員会の「大会におけるラケット検査について」のラケット検査の項目には、「Enezテストで「赤ランプ」が点灯しない」とあります。揮発性化合物を使っていると、このテストでバレてしまいます。

比較的新しい規定なので、ブランクがあって知らない人も多いと思います。今は使用できないので、気をつけてください。

このように、補助剤や有機溶剤性接着剤は使用できません。

【期間限定】自分に合わせた道具のアレンジで卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ラケットの大きさに関する規定

卓球のラケットには、大きさに関する規定はありません。国際ルール上、どんな大きなラケットでも、小さなものでもいいです。

しかし、あまりに大き過ぎるとスイングできず、反対に小さすぎるとボールに当てるのがむずかしいです。ですから、やはり市販されている大きさのものが、妥当で合理的です。

攻撃型用ラケットのレギュラーブレード(打球面)サイズは、157×150mmです。これより少し小さいコンパクトサイズでは、152×150mmです。小学生のお子様など、体に対してラケットが大きい場合は、こちらを選ぶといいです。

また、守備型のラケットでは、ラージブレードサイズの165×155mmです。守備型の選手は、主に「カット」と呼ばれる打ち方で、下回転をかけて返球します。これで強い回転をかけられるように、大きめのものになっています。

小さめ・大きめと言っても、概ね15〜17cmの範囲です。スプーンのようにすごく小さなラケットや、熊手みたいに巨大なものは、話題作りやエンターテイメントではいいかもしれません。

以上のように、卓球のラケットは国際ルール上、どんな大きさのものでもOKです。

【期間限定】ラケットの特徴を活かすことで卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

ここまで解説したように、卓球のラケットのルール規定は、結構細かいです。その反面、大きさについての規定はありません。

ラケットは卓球用品店で買うのが手軽で、確実です。あとはラバーの貼り方などで、規定に違反しないように気をつければ大丈夫です!

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】自分に合わせた道具のアレンジで卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ