卓球プラスチックボールとセルロイド材質素材違い・規格変更

 
Pocket

卓球のボールと言えば、何色のものを想像しますか?

ルール変更により、ボールの色は白からオレンジになり、そして今また白色が主流です。

色だけでなく大きさや材質も、規格変更されています。セルロイドボールに代わり、2015年からはプラスチックボールが使用されるようになりました。

長年卓球をしている人でも、「え?セルロイドって何??もともとプラスチックじゃなかったんだ」と思った人も多いでしょう。

今回は、そんな卓球のボールの規格変更や、プラスチックボールとセルロイドボールの違いなどについて、解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】卓球にまつわる様々を知ることで上達が早くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ボールの材質・素材の変更理由

卓球のボールの材質は、セルロイドからプラスチックへと変更されました。

これには、以下の4つの理由があります。

耐久性の低さ

ボールの材質を変更した理由の1つ目は、耐久性の低さです。

セルロイドは、燃えやすい素材です。なので、製造工程で摩擦を受けて、発火しやすいリスクがあります。また、光などで劣化することも、懸念の1つでした。

さらに、セルロイドボールには継ぎ目があるので、そこから割れやすいです。

このように、耐久性にの低さについては、以前から問題視されていたことが、素材変更の理由です。

運送時の制限

ボールの材質を変更した2つ目の理由は、運送時の制限です。

前述したように、セルロイドは燃えやすい素材です。そのため、飛行機での運送ができない可能性があります。空輸ができないとなると、運送に余計な時間とコストがかかってしまいます。

実際に、2004年のアテネオリンピックのときは、空輸予定だったボールが飛行機への積載を断られ、輸送が遅れました。

こうした運送時の制限を解決するためにも、ボールの素材が変更されました。

素材の供給不足

ボールの材質を変更した3つ目の理由は、素材の供給不足です。

セルロイドは、天然素材なので、供給が不安定でした。ゆえに、低品質なものが流通しやすかったのです。

そこで、供給が安定している、人工物のプラスチックが使用されるようになりました。原料が石油のプラスチックは、熱を加えることで変形する性質があります。この性質を利用して、簡単に大量のボールをつくることが可能になりました。

また、プラスチックは衛生的にも優れた材質です。

以上のように、素材の供給不足も、ボールの材質を変更した理由の1つです。

ボールの飛ぶスピードを調整するため

ボールの材質変更した4つ目の理由は、ボールが飛ぶスピードを調整するためです。

プラスチックボールは、セルロイドのものに比べて重いです。これにより、ボールが飛ぶスピードは遅くなり、ラリーが長く続くようになります。

初心者はラリーが続かないことで、挫折しやすい傾向がありました。また、観客も「卓球はよくわからない」「見ていてもおもしろくない」と感じやすいということも、問題でした。

ボールの材質変更には、ラリーを長く続くようにし、競技性の向上を図る目的もあったのです。

このように、素材を変更した理由の1つは、ボールが飛ぶスピードを調整するためです。

【期間限定】基礎知識を活かすことで卓球の上達が早くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球プラスチックボールの特徴・セルロイドとの違い

次は、プラスチックボールの特徴や、セルロイドとの違いを解説します。

大きさと重さ・色、継ぎ目

プラスチックボールの大きさは40mm、重さは2.7gです。色は白で、継ぎ目はありません。

一方、セルロイドは38mm、2.5gです。色は色とオレンジの2種類で、継ぎ目があります。

ボールの大きさは2000年に、38mmから40mmへと規格を変更しました。材質は2014年に、プラスチックのものが登場し、2015年から使われ始めました。なので、それまでの間は40mmのセルロイドボールでした。

材質・大きさ・色の歴史を図で表すと、下のようになります。

 

また、プラスチックボールは継ぎ目のないシームレスのものになり、割れにくくなりました。表面はツルツルしています。

一方セルロイドは、ちょうどボールを2等分するように継ぎ目があります。また、表面に小さな凹凸があって、ザラザラした感触です。

このように、プラスチックボールの大きさは40mm、重さは2.7gです。継ぎ目は、なくなりました。

球離れ

プラスチックボールは、セルロイドよりも球離れが遅いです。

「球離れが遅い」とは、ボールがラバーに当たってから、離れるまでの時間が長いことを言います。これはつまり、弾いて打ちにくい、ということです。

プラスチックボールのほうが重量が重いことで、スマッシュの威力はセルロイドより増しました。その反面、ボールが大きくなったことで回転はかかりにくいです。

通常、球離れは遅いほうが回転がかかります。これは、ボールがラバーと接触している時間が長くなるからです。

しかし、ボールの大きさの影響がこれを上回っているので、トータルとして回転はかかりにくくなりました。なので、回転系のループドライブなどでは、セルロイドのほうが威力があります。

このように、セルロイドよりもプラスチックボールのほうが、球離れは遅いです。

スピードと回転

ボールが飛ぶスピードは、プラスチックボールのほうが遅く、前述したように回転はかかりにくいです。

これにより、ラリーが長続きするようになりました。

セルロイドボールのほうが、スピードは速く回転もかかります。しかし、これが卓球が広く浸透しない理由でもありました。ラリーが続くことで、見る人もプレーする人も楽しみが増えて、人気が高まりました。

このように、セルロイドに比べてプラスチックボールのほうが、スピードは遅く回転はかかりにくいです。

ボールの軌道

プラスチックボールの軌道は、下図のように弧線を描く傾向にあります。

それに対して、セルロイドは直線的になりやすいです。

ボールの材質や大きさは、軌道にも大き影響を与え、違いを生み出しています。

このように、プラスチックボールの軌道は、弧線を描きやすいです。

【期間限定】知っておくと役に立つ知識を通して卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球プラスチック・セルロイドの違いが与える影響

セルロイドからプラスチックボールに変わったことによって、プレーへの影響も大きいです。違いやメリット・デメリットについて、プレースタイル別に解説します。

ドライブ主戦・中陣ドライブ

ドライブ主戦型の選手は、総じてドライブがよく入るようになりました。台から1.5mほど離れたところから、ドライブを打つスタイルの、中陣ドライブの選手も同様です。

ドライブは、下回転のボールを上回転にして返球する技術です。

この理由は、前述したように、ボールの軌道が弧線を描く傾向があるからです。

下図のように、直線的な軌道よりも曲線的な軌道のほうが、相手コートにバウンドしやすいです。

これは、ボールがバウンドする位置が、弧を描く軌道のほうが手前に(ネットに近く)なるからです。

回転がかかりにくくなったので、スピード重視のドライブのほうが威力があります。また、引き合い(打ち合い)になると、パワーのある選手のほうが有利です。

以上のように、ドライブ主戦型や中陣ドライブの選手は、プラスチックボールに変更となったことで、ドライブがよく入るようになります。

前陣速攻型・表ラバー

台のすぐ近くでラリーをする前陣速攻型や、表ラバーを使用している選手は、ボールを弾いて打つ技術がやりにくくなりました。

これは、球離れが遅くなったからです。

パワーよりもスピード重視で相手を追い詰めるのが、この戦型の強みです。セルロイドのほうが球離れが速いので、これがやりやすかったです。

実際に、ボールを強く弾いて打つスマッシュやツッツキ打ちは、「セルロイドのほうが威力があった」と答える人が多いです。

このように、前陣速攻型や表ラバーを使用している選手は、弾くように打つことがむずかしくなりました。

カットマン

カットマンは、明らかに不利になりました。なぜなら、回転がかかりにくくなったからです。

カットマンは、守備を専門とする戦型です。台から2〜3mほど距離を取り、「カット」という技術で、ボールに下回転をかけて返球します。こうして、相手の攻撃を止めたり、ミスを誘発したりします。

プラスチックボールに変わったことで、カットマンはこのカットで、強い回転をかけられなくなりました。つまりは、回転量の変化の幅も小さくなったということです。

セルロイドボールは、表面に小さな凹凸があるので、ラバーによく引っ掛かります。これにより、摩擦量が多くなり、強烈な回転をかけることができました。

しかし、プラスチックでは表面がツルツルなので、強い回転をかけられないのです。守備技術だけでなく、高い攻撃力も兼ね備えなければ、カットマンが活躍するのはむずかしい現状です。

このように、カットマンにとっては、厳しい素材変更となりました。

粒高ラバー

粒高ラバーでは、繰り出すボールの回転の変化が少なくなりました。その反面、ブロックはやりやすくなりました。

この理由は、前述したように、回転がかかりにくくなったからです。

粒高ラバーの魅力は、多様な回転のボールを繰り出せることです。この変化が少なくなってしまったことは、残念です。

しかし、相手も回転をかけにくくなったことから、ブロックはやりやすくなりました。よりネットに近い、浅い場所に返球できるので、相手を前後に揺さぶりやすいです。

カットマンと同様に、守ってミスを誘うだけでは勝ちにくいです。攻撃力を磨いて、緩急をつけたラリーを展開する必要があります。

このように、粒高ラバーでは、打つボールの回転変化は少なくなりましたが、ブロックはやりやすくなりました。

【期間限定】道具やルールの変遷を利用することで卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

この記事では、卓球のボールの規格変更や、プラスチックボールとセルロイドボールの違いなどについて、解説しました。

色々な問題や背景から、ボールの規格や素材が変更されてきた経緯があります。セルロイドに比べると、プラスチックボールの歴史は、まだまだこれからです。

特徴をふまえて対策をするのはもちろん、新しい楽しみ方を発見するのもいいでしょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】知っておくと役に立つ知識を通して卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ