卓球ダブルスの戦術、試合での攻め方と必勝法・勝つ方法!!

 
Pocket

卓球のダブルスには、シングルスとは違う魅力があります。

個々の能力はそれほど高くないペアが、実力者同士のペアを打ち負かすこともあり、むずかしくて面白い種目です。

ダブルスで勝利するには、何かコツがあるのでしょうか。はたまた、どんな戦術や攻め方がいいのか、気になるところですね。

この記事では、そんな疑問にお答えすべく、卓球のダブルスの必勝法や試合での戦術・攻め方について解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】ダブルスの必勝法を通して卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ダブルス・勝つために意識する2つのこと

ダブルスで勝つためには、以下の2つのことを意識する必要があります。

・パートナーが打ちやすいかどうか

・相手の得失点パターン

それぞれについて、解説します。

パートナーが打ちやすいかどうか

まず、ダブルスで勝つために意識することは、パートナーが打ちやすいかどうかです。

卓球のダブルスでは、ペアの2人が必ず交互に打つルールです。なので、次に打つパートナーがやりやすいように、ラリーを展開します。

これが顕著になるのが、後述するサーブからの3球目攻撃です。

また、ラリーでも自分の打ちやすいボールやコースを優先するのではなく、パートナーが打ちやすいものにすることが大事です。

こうすることで、ミスを防ぐのと同時に、得点パターンも確立しやすくなります。

このように、ダブルスで勝つためには、パートナーが打ちやすいかどうかを意識してプレーします。

相手の得失点パターン

次に、ダブルスで勝つために意識することは、相手の得失点パターンです。

これを冷静に分析しましょう。

「自分がフォア側へツッツキをすると、相手ペアAに強打されている」「相手ペアBにナックルサーブを出すと、レシーブミスが多い」など、具体的に把握します。

そして、相手の得点パターンは避けるようにラリーを展開し、失点パターンでは上手く得点を稼ぎます。

このように、ダブルスで勝つためには、相手の得失点パターンを意識してプレーします。

【期間限定】ダブルスの戦術・セオリーを押さえて卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ダブルス必勝法・勝つ方法

ダブルスの必勝法・勝つ方法には、以下の3つの場合でのポイントがあります。

・サーブでは

・レシーブでは

・ラリーでは

それぞれについて、解説します。

サーブでは

サーブでは、以下の2つの必勝ポイントがあります。

・パートナーが3球目攻撃をしやすいサーブを出す

・下回転やナックルサーブをセンターライン付近に出す

それぞれについて、解説します。

パートナーが3球目攻撃をしやすいサーブを出す

ダブルスで勝つ方法の1つは、パートナーが3球目攻撃をしやすいサーブを出すことです。

シングルスでは、サーブを出した本人が3球目攻撃をしますが、ダブルスではパートナーがこれをします。なので、パートナーが打ちやすいものを出す必要があります。

私は、相手にある程度強く打ってもらったほうがラリーがやりやすいので、パートナーに長いサーブをリクエストすることが多いです。

するとよく「強く打たれるのが怖くて出せない」「打たれたら迷惑をかけてしまう」と言われます。

ここで考えてみて欲しいのですが、強く打たれるのは私なので、パートナーが怖いかどうかは関係ないのです。むしろそうやってビビって、短いサーブを出されてしまうほうが困ります。

気持ちはわかりますが、ダブルスでは割り切って、パートナーの希望を優先するようにしましょう。

このように、パートナーが3球目攻撃をしやすいサーブを出すことが、ダブルスでの必勝法です。

下回転やナックルサーブをセンターライン付近に出す

また、ダブルスで勝つには、サーブはシンプルに下回転やナックルなどを、センターライン付近に出すことです。

この理由は、複雑な回転のサーブを出すと、相手に色々なレシーブで返されて、3球目が打ちにくくなるからです。

ダブルスではサーブのコースが固定されているので、シングルスのときのように、相手を大きく揺さぶることができません。そのため、ダブルスではレシーブのほうが、やや有利と言われています。

こういった状況の中で、順横回転や逆横回転などのサーブを出すと、ツッツキ・流し打ち・チキータなど、レシーブのバリエーションが豊富になってしまいます。さらに、横回転が入ることで強く返されたり、返ってくるボールにサーブの回転が残っていたりします。

このように、パートナーの3球目攻撃がやりにくくなるので、複雑な回転のサーブは避けましょう。

そして、センターライン付近は打つときに体が詰まるので、相手がレシーブしにくいコースです。基本的にこのコースに下回転やナックルサーブを出し、相手に慣れられないように、たまにスピードの速いロングサーブも織り交ぜるとより効果的です。

以上のように、下回転やナックルサーブをセンターライン付近に出すことが、ダブルスでの必勝法です。

レシーブでは

ダブルスで勝つ方法の1つは、レシーブではツッツキをメインにすることです。

なぜなら、レシーブでツッツキをすると、相手の3球目攻撃を予測しやすいからです。

例えば、あなたが相手のフォア側へツッツキをしたとします。すると、高い確率で相手にドライブを打たれます。加えて、コースはクロスが多いです。

これは、ストレートコースに比べて、クロスのほうが距離が長いため、ミスをしにくいからです。なので、一般的にはクロスに返球されることが多いです。

ゆえに「フォア側へドライブされる」と予測できるので、これを待ち構えていてパートナーがブロックします。

こうした予測ができるのとできないのでは、雲泥の差があります。

もし、レシーブでストップをしたとします。すると、相手はストップをし返す・フリック・流し打ち・チキータなど、色々な打ち方で返球することができます。

これでは展開が読めないので、対応しなければならないパートナーは大変です。このように、相手の3球目攻撃を予測しやすくすることは、非常に大事なのです。

また、ツッツキでレシーブをすると、時間的な余裕が生まれます。

下図のように、相手コートの深いところ(ネット側でなく、台の端のほう)にバウンドさせると、相手が3球目を打つまでの時間が長くなります。

ボールを打ってから、相手コートでバウンドするまでの距離が長いほど、時間がかかります。なので、相手からの返球も遅くなります。このことによって、次に打つパートナーが準備する時間を作ることができるのです。

そして、強い下回転をかけておくと、相手は強く打つことができなくなります。すると、パートナーがブロックすることも易しくなります。

ただ、いつもツッツキでレシーブをしていると、相手に待たれてしまいます。なので、たまにはフリックやストップでレシーブして、緩急をつけましょう。

以上のように、ツッツキをメインにすることも、ダブルス必勝法の1つです。

ラリーでは

ラリーでは、以下の4つの必勝ポイントがあります。

・ミスをしないこと

・ストレートに打つ

・なるべくフォアハンドで打つ

・2ゲーム目までに相手の弱点を探る

それぞれについて、解説します。

ミスをしないこと

ダブルスで勝つ方法は、当たり前ですがミスをしないことです。

基本的にダブルスは、シングルスよりも返球すること自体がむずかしいです。ペアが必ず交互に打つルールゆえに、動く範囲が大きくなることや、パートナーに視界が遮られることなどがあるからです。なので、ラリーは長く続きません。

3球目や4球目までで、8割以上のラリーは終わります。この短い展開の中で、いかにミスをしないかが大事です。

卓球は、最後までボールを打ち返したほうが得点します。このことを如実に感じるのが、ダブルスです。

威力のあるボールや、強打でなくても構いません。最後までしつこくボールを返しましょう。無理をせずつないで、パートナーに託すくらいの気持ちでプレーすれば十分です。

このように、ダブルスの必勝法はミスをしないことです。

右左のペアはストレートに打つ

右利きと左利きのペアでは、ストレートコースに打つことが、ダブルスで勝つ方法の1つです。

この理由は、先手を取ってストレートに打つと、ペアの位置関係を崩さずにラリーができるからです。

前述したように、一般的にはクロスコースに打たれることが多いです。このことを利用して、自分がいるコースにボールを誘導します。ちょうど、下図のようにです。

このように、右利きと左利きのペアのダブルス必勝法は、ストレートコースに打つことです。

なるべくフォアハンドで打つ

ラリーでは、なるべくフォアハンドで打つことも、勝つ方法の1つです。

下図のように、バック側へきたボールもフォアハンドで打ったほうが、パートナーの視界を遮らずに済みます。

フォアハンドで打つと、体が台に対して横を向くため、パートナーは前方を見通すことができます。

しかし、下図のようにバックハンドで打つと、パートナーに終始背中を向けたままになります。

この状態では、パートナーがボールの軌道や相手の動きを見づらく、展開を予測しにくくなります。

また、バックハンドで打つほうが打点が高く、タイミングが早いです。なので、ボールが相手コートへ到達するまでの時間が短くなります。つまり、自陣コートに返球されるまでの時間も短くなってしまうのです。

このように、バックハンドで打つとパートナーの視界を遮るだけでなく、時間的余裕も少なくなってしまいます。

ゆえに、できるだけフォアハンドで打つことがポイントです。

以上のように、ラリーでのダブルス必勝法は、なるべくフォアハンドで打つことです。

2ゲーム目までに相手の弱点を探る

ダブルスで勝つ方法の1つに、2ゲーム目までに相手の弱点を探ることがあります。

これは、最初に解説した、相手の得失点パターンを把握することにも通じます。

「フォア前の短いボールが下手」「バック側へのボールを回り込んで打つのは苦手そうだ」といった情報を、蓄積していきましょう。

そして、そのような弱点を突いてミスを誘います。片方の選手の調子を崩すことができれば、もう片方の選手も焦り始めます。こうなればシメたものです。

技術的な弱点を攻めて、精神的にもダメージを与えましょう。

このように、ラリーでのダブルス必勝法は、2ゲーム目までに相手の弱点を探ることです。

【期間限定】ダブルスの必勝法をマスターして卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ダブルス・戦術や攻め方はどうやって決める?

ダブルスの戦術や攻め方を決めるには、以下の2つの方法があります。

・パートナーと話し合って決める

・対戦相手によっても決める

それぞれについて、解説します。

パートナーと話し合って決める

戦術や攻め方は、パートナーと話し合って決めましょう。

どんな3球目攻撃が得意なのかや、レシーブのバリエーション、基本的に打つコースなどについて話しておきます。

これをしっかりやっておくと、お互いのプレースタイルを把握でき、戦術は自ずと決まってきます。得意なものだけでなく、苦手で避けたいパターンも共有しておくといいです。

また、試合前だけでなく、試合中にもコミュニケーションをしっかり取って、2人で進めていくといいです。「相手ペアAのツッツキが苦手だから下回転は避けて」「相手ペアBには長いサーブを出して欲しい」などと意見し合って、よりよいコンビネーションにしましょう。

互いの特徴や役割を明確にすることで、強いペアになります。

このように、パートナーと話し合って、戦術や攻め方を決めます。

対戦相手によって決める

戦術や攻め方は、対戦相手によっても決めることができます。

自分たちの得意なパターンで、得点できない試合もあります。そんなときは、相手ペアの弱点を攻める戦術で戦います。

相手の失点は、自分たちの得点です。柔軟な発想で、状況に合わせた戦術を選びましょう。

このように、対戦相手によっても、戦術や攻め方を決めることが可能です。

【期間限定】相手や状況に合わせたダブルスの戦術で卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ダブルス・戦型別の戦術や攻め方

ダブルスでは、それぞれの戦型の特徴を引き出すことが重要です。主要な戦型の組み合わせは、下記の5つです。

・ドライブ主戦型同士

・ドライブ主戦型と前陣/異質速攻型

・ドライブ主戦型とカットマン

・カットマン同士

・前陣/異質速攻型と粒高攻守

各々について、戦術や攻め方を解説します。

ドライブ主戦型同士

ドライブ主戦型同士のペアの戦術や攻め方について、解説します。

このペアでは、きっちり3球目攻撃をしましょう。下回転サーブからのドライブを中心に、リズムに乗って攻めていきます。

攻守のバランスがよく安定的に攻撃ができるペアなので、強打できないときは無理をせず、ラリーをつないで再度チャンスを伺いましょう。

同じ戦型のペアゆえに、球質や打つタイミングが似ているので、相手ペアに慣れられないように注意が必要です。サーブやドライブを打つコース、ボールの速さなどに変化を持たせて、試合を展開することが大事です。

以上が、ドライブ主戦型同士のペアの戦術や攻め方です。

ドライブ主戦型と前陣・異質速攻型

ドライブ主戦型と前陣・異質速攻型のペアの戦術や攻め方について、解説します。

このペアでは、ドライブ主戦型の安定した攻守と、前陣・異質速攻型の攻撃性をかけ合わせた戦術で攻めましょう。

ドライブ主戦型が3球目攻撃をして、その次のボールを前陣・異質速攻型が早い打点で打ちます。これにより、相手ペアを追い詰め、再度ドライブ主戦型が決定打を打ちます。

このような速いテンポのラリーの中に、前陣・異質速攻型が繰り出すナックルや変化球も混ざるので、相手ペアを揺さぶりながら効果的な攻撃ができます。勢いに乗ることと合わせて、きっちりコースを狙えると鬼に金棒です。

以上が、ドライブ主戦型と前陣・異質速攻型のペアの戦術や攻め方です。

ドライブ主戦型とカットマン

ドライブ主戦型とカットマンのペアの戦術や攻め方について、解説します。

両者ともに高い技術が必要なペアですが、安定感のある頼もしいプレーを展開しましょう。

基本的には、カットマンのカットで相手ペアを揺さぶり、チャンスボールをドライブ主戦型が強打する戦術です。強烈な下回転のカットで圧倒し、ドライブ主戦型に攻撃のチャンスを作ります。

ときにカットマンも攻撃を仕掛けて、相手ペアを安心させないようにするのがポイントです。

以上が、ドライブ主戦型とカットマンのペアの戦術や攻め方です。

カットマン同士

カットマン同士のペアの戦術や攻め方について、解説します。

このペアの戦術では、カットに変化をつけて相手ペアのミスを誘うと同時に、攻撃を仕掛けることも重要です。

なぜなら、相手ペアのレベルが上がるにつれて、守備だけで得点することがむずかしくなるからです。

攻撃をするには、サーブやレシーブで意表を突いてチャンスを作ります。例えば、レシーブではツッツキをせずに、フリックやプッシュを使って不意打ちをして、4球目でパートナーが攻撃を仕掛ける攻め方が効果的です。

以上が、カットマン同士のペアの戦術や攻め方です。

前陣・異質速攻型と粒高攻守

前陣・異質速攻型と粒高攻守の戦術や攻め方について、解説します。

このペアでは、粒高攻守の変化球を活かした戦術で、ラリーを展開します。

粒高攻守の変化球で相手を翻弄し、チャンスボールを前陣・異質速攻型がすかさず攻撃して、得点につなげましょう。相手のサーブやツッツキを、粒高攻守の選手がプッシュして、次のボールを前陣・異質速攻型がスマッシュする戦術がおすすめです。

また、相手にわざとドライブを打たせて、それを粒高攻守の選手がブロック、相手がツッツキで返してきたボールを前陣・異質速攻型がツッツキ打ちやドライブで狙うのもアリです。

以上が、前陣・異質速攻型と粒高攻守の戦術や攻め方です。

【期間限定】ダブルスの組み合わせの特性を活かして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

ここまで、卓球のダブルスの必勝法や、試合での戦術・攻め方について解説しました。

ダブルスで勝つには、サーブやラリーでのポイントを抑えながら、プレースタイルの特徴を活かした戦術で戦うことが大事です。

パートナーと意見し合い、より良いコンビネーションにしましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】ダブルスの必勝法を基に卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ