卓球バックハンドドライブのやり方・打ち方/コツ/フォーム、練習はループから

 
Pocket

卓球の打ち方には、様々なものがあります。特に、最近よく用いられているのが、バックハンドドライブです。

フォアハンドより攻撃しづらいバックハンドでも、ドライブが打てることで、ラリーで先手をとったり、得点したりすることができます。

つまり、バックハンドドライブができると、攻撃回数が増えて有利になるのです。

この記事では、そんな卓球のバックハンドドライブの打ち方やコツ、練習方法などについて解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】バックハンドドライブを習得して卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックハンドドライブ【対上回転】の打ち方・やり方とコツ

対上回転のバックハンドドライブの打ち方・やり方は、以下の4ステップです。

・肩幅より広めのスタンスで構える

・高い位置でバックスイング

・肘を動かしすぎないようにスイング

・手首を使って回転をかける

フォームやコツを含め、それぞれについて解説します。

肩幅より広めのスタンスで構える

上回転に対するバックハンドドライブでは、肩幅より広めのスタンス(足の位置)で構えます。

重心を下げることで体全体を使って打てるので、腕の可動域が狭いバックハンドでも、ボールに十分な力を加えることができます。

足の幅1つ分くらい、肩幅よりも大きく広げます。そして、頭の位置が5cmくらい低くなるように、膝を曲げます。つま先側に体重を乗せて、上体を20°くらい前傾させてください。

卓球台との距離は、ラケット1本分くらい(25cm前後)にします。

このように、上回転に対するバックハンドドライブではまず、肩幅より広めのスタンスで構えます。

高い位置でバックスイング

上回転に対するバックハンドドライブでは、高い位置でバックスイングをします。

これは、オーバーミスや打ち損じを防ぐためです。ラケットの位置が低いと、下から上方向へのスイングになり、オーバーミスをしやすくなったり、ボールにきちんと力が伝わらなかったります。

下回転とは違って、上回転のボールはバウンド後に失速したり、低くなったりしません。

なので、ラケットは高い位置に準備することがコツです。脇を空けて肘を体から離し、体の正面・台と同じくらいの高さにします。

手首を内側に入れるようにして、ラケットを体の正面に持ってきます。そのまま、ラケットの先端を、ズボンの左ポケットのほうに向けます。これと同時に、体重は左足に乗せてください。

打球面は、ボールをこすって打てるように、かぶせてバックスイングをします。

右肩を前に出すように、ラケットを体の左外側へ引くようにするほど、より威力のあるバックドライブが打てます。

しかし、こうしてスイングが大きくなるにつれて、安定して打つことがむずかしくなります。ゆえに、これからバックドライブを覚える方は、コンパクトなバックスイングから始めましょう。

このように、高い位置でバックスイングをすることが、上回転に対するバックハンドドライブのコツです。

肘を動かしすぎないようにスイング

上回転に対するバックハンドドライブでは、肘を動かしすぎないようにスイングすることもコツです。

なぜなら、肘が動きすぎてしまうと、スイング方向や打球面がブレやすくなり、ボールを正確に捉えることができないからです。

ラケットを前方斜め上方向にスイングして、ボールのやや上をこすって打ちます。肘を支点に、位置はできるだけ動かさないよう意識し、前腕(肘から先)でコンパクトに振ります。

このとき、バックスイングで左足に乗せた体重や、上体のひねりを解放するイメージでスイングしてください。左から右に、腰を鋭く回転させるようなイメージです。

打つのは、バウンドの頂点もしくは頂点前です。

このように、肘を動かしすぎないスイングフォームにすることが、上回転に対するバックハンドドライブの打ち方とコツです。

手首を使って回転をかける

上回転に対するバックハンドドライブのでは、手首を使って回転をかけます。

これにより、ボールの軌道が弧線になり、コントロールしやすくなります。

バックスイングでバック側に向けたラケットの先を、ボールを打つ方向へ向けるように、手首を利かせてスイングしてください。

この手首の動きによって、ボールを十分にこすることができるので、回転がかかります。

スムーズな手首の動きにするためには、前述した、肘を動かしすぎないことが大事です。肘が動きすぎるとスイングが流れてしまい、手首を使って打てなくなります。

また、打つ瞬間にラケットを「ギュっ」と握ると、スイングスピードが速くなり、回転量が増えます。

このように、手首を使って回転をかけることも、上回転に対するバックハンドドライブのやり方のコツです。

【期間限定】バックハンドドライブのポイントを押さえて卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックハンドドライブ【対下回転】の打ち方・やり方とコツ

下回転のボールに対するバックハンドドライブは、使用頻度が高いです。バック側に打たれたツッツキを、攻撃的に打つことができるので、重宝されています。

やり方は、以下の4ステップです。

・スタンスは広く取り、姿勢を低くしてバックスイング

・重心は下げたまま、ボールを引きつけて打つ

・ラケットの角度はほぼ垂直に

・相手コートの真ん中にバウンドさせる

フォームやコツを含め、それぞれについて解説します。

スタンスは広く取り、姿勢を低くしてバックスイング

下回転に対するバックハンドドライブではまず、スタンスを広く取り、姿勢を低くしてバックスイングをとります。

これにより、低い下回転のボールに目線を合わせることができ、こすり上げて打ちやすくなります。

スタンスは、足の幅1つ分ずつくらい、肩幅よりも大きく取ります。10〜15cmほど頭が低くなるように両膝を曲げて、重心を下げます。

姿勢を低くしながら、脇を空けて肘を体から離し、ラケットを体の正面に構えます。

ラケットを引くのと同時に、体を沈み込ませるイメージで、お腹の前に空間を作ります。

このように、下回転に対するバックハンドドライブでは、スタンスは広く取り、姿勢を低くしてバックスイングをとります。

重心は下げたまま、ボールを引きつけて打つ

下回転に対するバックハンドドライブでは、重心を下げたまま、ボールを引きつけて打ちます。

こうすることで、ラケットをスムーズに動かすことができて、思い通りのボールを打てます。

バックスイングで姿勢を低くしたときの、スタンスや膝の角度を保ったまま、スイングすることがコツです。

体の正面に構えたラケットの先を、自分の方へ向けるように手首を捻ります。このとき、ラケットがボールよりも低い位置になるようにします。

そうしてひねった手首を返しながら、フリスビーを投げるようにラケットを斜め上に振り上げます。ボールのやや上側を、強くこすり上げるように思い切って打ってください。

バウンドの頂点から、ボール2つ分くらい落ちたところを打つこともコツです。バックスイングで作ったお腹の前の空間に、ボールを十分引きつけることで、理想的なスイングフォームになります。

このように、重心を下げたまま、ボールを引きつけて打つことが、下回転に対するバックハンドドライブのやり方のコツです。

ラケットの角度はほぼ垂直に

下回転に対するバックハンドドライブでは、ラケットの角度はほぼ垂直にして打ちます。

これは、下回転に負けないようにするためです。

下から上方向に、ほぼ垂直の角度でこすり上げることで、相手の回転量を上回る上回転をかけられます。

対下回転のバックハンドドライブでは、ネットミスをしやすいです。ボールが持ち上がらないときは、ラケットの角度を上に向けるようにして調整してみてください。

また、スイングスピードを上げることでも、回転量を増やすことができます。

このように、ラケットの角度をほぼ垂直にして打つことも、下回転に対するバックハンドドライブのやり方コツです。

相手コートの真ん中にバウンドさせる

下回転に対するバックハンドドライブのコツは、相手コートの真ん中にバウンドさせることです。

これにより、安定して返球することができます。

より威力のある厳しいボールを打とうとして、相手コートの端ギリギリを狙うと、どうしてもオーバーミスしやすくなります。

そこで、下図のように相手コートの真ん中を狙うと、オーバーミスが可能性を低くなります。

また、必然とバウンドがネット寄りになるので、相手の距離感やタイミングを狂わせることもできます。

ツッツキをバックハンドドライブで打つときは、「決定打を打つ」というよりも「ラリーで先手を取る」意識で打つといいです。

このように、相手コートの真ん中にバウンドさせることも、下回転に対するバックハンドドライブの打ち方のコツの1つです。

【期間限定】バックハンドドライブで卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックドライブを安定させるには

前述したように、ラリーで先手をとるためにも、バックドライブは安定して打てることが重要です。そのために、以下のことに注意しましょう。

・ラケットは台よりも高く構えておく

・手首をひねりすぎない

・コンパクトなスイングで打つ

・フリーハンドを肩の高さくらいに

それぞれについて、解説します。

ラケットは台よりも高く構えておく

バックドライブを安定させるには、ラケットは台よりも高く構えておきましょう。

これにより、色々な高さや回転のボールに対応できます。

ラケットの位置が低いと、バウンドの高いボールが打てなかったり、上回転の伸びてくるボールに対応できなかったりします。バックスイングがスムーズに取れるのは、低い位置よりも高い位置です。

このように、ラケットは台よりも高く構えておくことが、バックドライブを安定させるコツです。

手首をひねりすぎない

バックドライブを安定させるには、バックスイングで手首をひねりすぎないようにします。

大きなバックスイングにしたり、手首をたくさん捻ったりしたほうが、回転量や威力が増します。しかし、安定しません。特に、手首の小さな動きに頼りすぎると、スイングやフォーム全体のバランスが崩れます。

まずは、確実に返球できるようになってから、回転量を増やしたり、威力のあるボールを打つ練習をしたりしましょう。

このように、バックスイングで手首をひねりすぎないようにすることが、バックドライブを安定させるコツです。

コンパクトなフォームにする

前腕中心にコンパクトなフォームで打つことも、バックドライブを安定させるコツの1つです。

腕全体で大きなスイングをすると、スイングの方向が定まりません。また、打球面の角度も不安定になります。

バックドライブは得点することも可能な技術ですが、まずは確実に返球し、ラリーで先手を取れるようになりましょう。

このように、バックドライブを安定させるには、前腕を中心にスイングし、コンパクトなフォームで打つこともコツです。

 フリーハンドを肩の高さくらいに

バックドライブを安定させるには、打つ前から打ち終わった後まで、フリーハンドを肩の高さくらいにしておきます。「フリーハンド」とは、ラケットを持っていないほうの手のことです。

これを高い位置に保つことで、軸がブレません。

試しに、フリーハンドを下げた状態で、バックドライブを打ってみてください。すると、体が傾いてしまったり、スイングがやたらと大きくなってしまったりします。

これはつまり、片方の腕だけを振り回していることになり、無意識に体のバランスを崩してしまうのです。

こうした状態を避けるために、フリーハンドを高くしてバランスをとります。

このように、打つ前から打ち終わった後まで、フリーハンドを肩の高さくらいにしておくことも、バックドライブを安定させるコツです。

【期間限定】安定したバックハンドドライブで卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックハンドドライブの練習方法

最後に、バックハンドドライブの練習方法を紹介します。

・多球練習でループドライブから

・ラリー練習

・3球目攻撃

それぞれについて、詳しく解説します。

多球練習でループドライブから

バックドライブは、多球練習でループドライブを打つことから始めます。「ループドライブ」は強い上回転のかかった、山なりの軌道のドライブのことです。

練習相手に上回転や下回転のボールを、バック側に出してもらいます。これをバックドライブで打ちます。

はじめのうちは、スピードや強さよりも、回転をかけることに集中してください。回転をかける感覚を掴んでから、徐々に強いボールを打つようにしましょう。

このように、まずは多球練習でループドライブを打つことが、バックドライブの練習方法としておすすめです。

ラリー練習

ラリー練習では、対上回転のバックドライブを練習します。

練習相手と、バック対バックでラリーをします。ロングサーブから始め、ボールを見極めて、バックドライブをします。相手にブロックをしてもらって、これを続けます。

最初はゆっくりでいいので、ラリーを続けましょう。少しずつ、回転→スピードにシフトして、バックドライブを練習します。

以上が、対上回転のバックドライブのラリー練習です。

3球目攻撃

3球目攻撃で、対下回転のバックドライブを練習する方法があります。

相手のバック側に、下回転サーブを出し、自分のバック側へツッツキで返してもらいましょう。これをバックドライブで打ちます。

多球練習と同様に、はじめは回転をかけることに注力してください。また、確実に返球できるようになりましょう。

状況に合わせて、ループドライブやスピードの速いものなど、使い分けられるようになれば最高です。

慣れてきたら、横下回転など他のサーブからの3球目攻撃でも練習します。

このように、3球目攻撃で、対下回転のバックドライブを練習できます。

【期間限定】バックハンドドライブを身につけて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

今回の記事では、卓球のバックハンドドライブのやり方やコツ、練習方法などについて解説しました。

対上回転と対下回転で、バックハンドドライブのフォームや打ち方は少し違います。しかし、どちらもしっかり回転をかけて打つことが重要です。

バックハンドドライブは、フォアドライブより難易度が高いので、焦らずにじっくり時間をかけて習得してくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】バックハンドドライブを習得して卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ