卓球バックハンドグリップとは?メリット〜最強のグリップも

 
Pocket

あなたはフォアハンドとバックハンド、どちらが得意でしょうか。

その得意・不得意は、もしかするとラケットの握り方によるものかもしれません。

実はシェークハンドグリップには3つの握り方があり、これによってフォア・バックハンドのやりやすさが違います。なので、最近ではフォア・バックで握り方を変えている選手も多いです。

この記事では、そういったシェークハンドの3つのグリップのメリットや、最強と謳われているグリップについて解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】それぞれのグリップの特性を活かして卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球フォアハンドグリップ

フォアハンドグリップとは、次の写真のようなグリップです。

親指・人差し指をまっすぐ前に向けた状態のときに、ラケットが親指側にあり、面がほんの少し左に傾いているものです。「フォアグリップ」とも言います。

このグリップのメリットは、フォアハンドを打つときに手首を開きやすいことです。卓球台の角の厳しいコースにや、サイドを切るボールを打つことができます。

また、深くしっかりと握れるので、ボールに力を込めやすく、威力のあるボールが打てることもメリットです。

ゆえに、フォアハンドでのドライブやスマッシュを多用する人や、バック側のボールを回り込んでフォアハンドで打つ人におすすめです。

一方デメリットは、バックハンドを打つときに、手首が固定されやすいことです。特に、手首をやわらかく使って打つ必要のある強打は、やりにくいです。

以上が、フォアハンドグリップです。

【期間限定】フォアハンドグリップの強みを活かして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックハンドグリップ

バックハンドグリップとは、下の写真のようなグリップです。

ラケットを人差し指寄りにして持つもので、フォア面(上の写真では黒色ラバーのほう)が少し上を向いてます。

このグリップの一番のメリットは、バックハンドで威力のある強打を打てることです。手首が柔軟に使えるので、ラケットの先端を回して、速いスイングができます。

また、親指に力が入りやすく、バックハンドを打つときの面の角度を作りやすいこともメリットです。

加えて、ミドルコースへ打たれたボールを、バック面でブロックするときも、ラケットの角度が合いやすいです。なので、バックブロックをはじめ、バックドライブやチキータなどの、バック技術を重視する人におすすめのグリップです。

デメリットは、フォアハンドを打つときに手首を開きにくいことです。これにより、フォアハンドではストレートコースに打ちにくかったり、フォア前の技術がやりにくかったりします。

以上が、バックハンドグリップです。

【期間限定】バックハンドグリップのメリットを活かして卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バランスグリップ

バランスグリップとは、次の写真のようなグリップです。

一般的に正しい持ち方・グリップとされているものです。

ラケットは、親指と人差し指のちょうど中間に位置し、面はどちらにも傾いていないものです。

このグリップのメリットは、切り替えが早くできることです。「切り替え」とは、フォアハンドを打った後にバックハンドを打つ、またはその逆をすることを言います。これが早くできることで、両ハンドでの攻撃がやりやすいです。

なので、テンポの速いラリーを展開する人や、両ハンドをバランスよく使用する人におすすめです。

一方デメリットは、フォアハンドグリップ・バックハンドグリップに比べて、威力のあるボールが打てないことです。威力を出すには、練習が必要です。

以上が、バランスグリップです。

【期間限定】バランスグリップの特性を活かして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球フォアとバックでグリップを変えるべき?

フォアとバックで、グリップを変えるべきかどうかについて、解説します。

切り替えの早さに影響がない範囲で、変えるのはアリです。

グリップによって、苦手な技術を克服したり、得意な技術を伸ばしたりできます。

私はバックハンドが苦手なので、これを打つときはバックハンドグリップにしてしています。打ちやすく安定感があるので、すごく助けられています。

ただし、フォアとバックでグリップが大きく違いすぎると、切り替えに問題が生じます。どんなに威力のあるボールが打てても、打つタイミングに間に合わなければ意味がありません。

この塩梅を考えて、調整することが大事です。ちなみに私がフォアハンドを打つときは、バランスグリップです。

このように、切り替えの早さに影響がない範囲で、フォアとバックでグリップを変えるのはアリです。

【期間限定】打ち方ごとにグリップを変えることで卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球最強のグリップ

最強のグリップは、バランスグリップで、親指の位置を変えるものです。

バランスグリップで、下の写真のように親指を柄のほうに曲げると、フォアハンドで打つときに手首が使いやすくなります。

また、次の写真のように親指を柄から離すと、バックハンドのときに面を作りやすくなります。

日本のトップ選手や、中国人選手がよくしているグリップです。親指の位置を変えるだけなので、テンポの速いラリー中でも手間取りません。

切り替えが遅くなることもなく、フォア・バックともに威力のあるボールを打つことができます。

このように、バランスグリップで、親指の位置を変えるのが、最強のグリップです。

【期間限定】最強のグリップで卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

今回の記事では、卓球のバックハンドグリップなどのメリットや、最強と言われているグリップについて解説しました。

得意・不得意には、グリップが影響していることがあります。これ一つで打ちやすさ、ボールの威力や安定感など、大きく違ってきます。

得意技のレベルアップや、苦手技術のカバーなどの効果が期待できるので、ぜひ自分に合うものを探ってみてくださいね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】それぞれのグリップの特性を活かして卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ