卓球バックハンド・ショートとは??こんな打法です。

 
Pocket

卓球には色々な打法があり、ボールの回転に合わせてこれを変えます。

中でもショートは、最も基本的な技術の1つなので、必ずできるようになりましょう。

この記事では、そんな卓球のショートとはどんな打法なのかや、グリップ別の打ち方について解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】バックハンド・ショートができるようになって卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックハンド・ショートとは

ショートとは、バックハンド(利き手とは反対側)で打つ、守備的な打法のことです。

正式には「バックハンドショート」と言い、ラケットを前に押すように振り、ボールを相手コートへ返球します。

これは、主にペンホルダーの選手が打つ場合に、使われている言葉です。攻撃的に強く押すショートを「プッシュ」、腕全体を大きく使って打つものは「バックハンド」と言い、区別されています。

シェークハンドでのショートは「ハーフボレー」と言うことが多いですが、ペンホルダーと同様に「ショート」で通じます。

このように、バックハンドで打つ守備的な打法のことを、ショートと言います。

【期間限定】バックハンド・ショートをマスターして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックハンド・ショートの打ち方

ショートの打ち方は、グリップによって違います。

・ペンホルダー

・シェークハンド

それぞれについて、解説します。

ペンホルダー

ペンホルダーでのショートの打ち方について、解説します。

ペンホルダーでは、下の写真のように、左足を前にして構えます。このときの左足は、足の大きさの分くらい、右足より前にします。

次に、体の正面・お腹のあたりでボールを捉えます。ラケットは、肘と同じ高さから、ラケットの面でボールを押すように打ちます。ちょうど、次の写真のようにです。

このとき、親指は下の写真のように、裏面に移動させて面を固定します。

そして、打球時はラケットの面を支えるために、裏面の中指と薬指にも力を入れます。腕は伸ばし切らずに、コンパクトなスイングで振ります。

振り始めから終わりまで、肘がラケットよりも高く上がらないように気をつけましょう。

以上が、ペンホルダーでのショートの打ち方です。

シェークハンド

シェークハンドでのショートの打ち方について、解説します。

シェークハンドでは、足の大きさの半分くらい、左足を前にして構えます。もしくは、ほとんど平行で、台に対して正面を向いている状態でもOKです。

ペンと同様に、ボールは体の正面・お腹のあたりで捉えます。

ラケットは肘と同じ高さから、ラケットの面でボールを相手コートに送るように打ちます。肘を中心としながらも押すように、30〜80°くらいの範囲でコンパクトにスイングをします。ちょうど、下図のようにです。

スイングの終わりでは、手の平が上を向くくらい、手首を返してはいけません。

以上が、シェークハンドでのショートの打ち方です。

【期間限定】バックハンド・ショートを身につけて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

今回の記事では、卓球のショートとはどんな打法なのかや、グリップ別の打ち方について解説しました。

ショートは基本中の基本です。ボールをつないでラリーをするだけでなく、応用して強く打つこともできます。

また、咄嗟のときにも役立つ技術なので、必ずマスターしておきましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】バックハンド・ショートを習得して卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ