卓球初心者ダブルス動き方とコツ・フットワーク練習メニュー右右/右左

 
Pocket

卓球のダブルスは、シングルスとはルールや考え方が大きく違っていて、別の競技と言ってもいいくらいです。

なので、ダブルスにはダブルスの、知識・解釈や練習が必要になります。

でも「動き方がわからない」「どんな練習をすればいいのかわからない」と言う人は多く、初心者は特に不安になります。

この記事では、そんな疑問や不安を解消するために、卓球のダブルスの動き方のコツや、フットワークの練習メニューなどについて解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】ダブルスの動き方やコツを押さえて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ダブルスの動き方のコツ:基本

卓球のダブルスでは、ペアを組んでいる2人が、必ず交互に打つルールです。そして基本の動き方は、下記の2パターンで違います。

・右右の場合

・右左の場合

それぞれについて、解説します。

右右の場合

まずは、右利き同士のペア(右右)の、基本の動き方とコツについて解説します。

右右の場合は、下図のようにくるくると回るように動きます。

回る方向は、ボールを打つ位置によって変わります。

フォア側に来たボールを打つときは、時計回りになります。打ったら、右後ろに下がります。バック側のものを打つときは、反時計回りとなり、打ったら左後ろに下がります。

ちょうど、下図のようにです。

 

その場に留まったり、台の内側方向へ動いたりすると、次に打つパートナーの邪魔になります。「打った後は、素早く台の外側方向へ動く」と覚えておきましょう。

時計回りのときは、左足で床を強く蹴って動くのがコツです。反時計回りのときは、打つときに体重を乗せた左足を軸にして、右足を後ろに引いて動きます。

以上が、右右の基本の動き方とコツです。

右左の場合

次は、右利きと左利きのペア(右左)の、基本の動き方とコツについて解説します。

右左の場合は、下図のように「ハの字」に動きます。

打った後、右利きは左後ろに、左利きは右後ろに下がるのがコツです。

前述した右右のように、回らずに済むので動きが少なく、早いタイミングで打つことができます。右左が有利と言われている理由の1つに、これがあります。

以上が、右左の基本の動き方とコツです。

【期間限定】ダブルスの基本の動き方をマスターして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ダブルスの動き方とコツ:応用

次は、動き方の応用とそのコツも、下記の場合によって異なります。

・右右の場合

・右左の場合

それぞれについて、解説します。

右右の場合

右右の動き方の応用と、そのコツについて解説します。

実際のラリーでは、基本の動き方のように、いつもクルクルと回って打てるわけではありません。タイミングを合わせるのに必死だったり、相手ペアに厳しいコースを突かれて体勢が崩れたりします。

そこで下図のように、三角形を描くイメージで動くのがコツです。

センターラインよりバック側の位置で待ち、打った後は斜め後ろに下がります。センターラインは、台の真ん中に引かれた、ネットに対して垂直な白い線のことです。

また、ときには下図のように、十字に動くこともあります。

相手ペアに大きく動かされたときや、打つのが遅くなったときにする動きです。

このように、実際には状況に合わせた合理的な動き方をします。

以上が、右右の動き方の応用とコツです。

右左の場合

右左の動き方の応用と、そのコツについて解説します。

右左では、前述した「ハの字」に動くことで、真ん中やバック側に来たボールは打ちやすいです。しかし下図のように、左利きはフォア側(右利きのバック側)へ打たれたボールに対しては、大きく動いて打つ必要があります。

特にこのコースは、右左の弱点としてよく狙われます。そうして、相手に大きく動かされてしまったときは、無理に「ハの字」を保つ必要はありません。

このときの動き方のコツは、左利きは台の外側へまわり、右利きの後ろを通って戻ってくることです。ちょうど、下図のようにです。

 

右利きがフォア側(左利きのバック側)に動かされたときも、同様の要領で戻ります。

このように、動きが交差するときは、視界が一瞬遮られます。なので、パートナーが大きく動くと分かったら、すぐにセンターライン近くに寄って、対応が遅れないように準備しましょう。

ちょうど、下図の太い黄色の矢印のようにです。

こうして、右左でも回るように動くことがあります。右右の応用のように、十字に動くこともあるので、合わせて覚えておきましょう。

以上が、右左の動き方の応用とそのコツです。

【期間限定】どんな状況にも対応できるダブルスの動き方をマスターして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ダブルスの動き方:チェック項目

ダブルスでは、動き方と合わせて、以下のこともチェックしましょう。

・パートナーとの距離感

・ダブルスでは打ちながら動くイメージで

・次のプレーへの準備

・パートナーの打ったボールに合わせて予測して動く

それぞれについて、解説します。

パートナーとの距離感

ダブルスでは、パートナーとの距離感が大事です。

これがあまり近すぎると、自分もパートナーも打ちにくいです。また、体やラケットがぶつかってしまうこともあります。反対に遠すぎると、動く範囲が大きくなって、移動に時間がかかります。

お互いの邪魔にならない、かつ、動く範囲が最小限になる距離を見つけましょう。

このように、パートナーとの距離感が、ダブルスでは大事です。

ダブルスでは打ちながら動くイメージで

ダブルスでは、打ちながら動くイメージで、プレーします。

これは、次に打つパートナーのために、スペースを空けるためです。 

卓球のダブルスでは、ペアの2人が必ず交互に打つルールゆえに、打ったらすぐに退かなければなりません。なので、打ちながら動くイメージで打つと、時間を短縮できます。

しかし、動くことばかりに集中しすぎないよう気をつけましょう。

メリハリをつけることも大事で、打つ瞬間は一瞬止まります。これにより、体重をボールに乗せて打つことができ、威力のあるボールになります。

このように、ダブルスでは打ちながら動くイメージで、プレーしましょう。

次のプレーへの準備

ダブルスでは、次のプレーへの準備を意識しましょう。

打ったボールの行方や、パートナーが打つところをじっと見ている必要はありません。気になったり、心配したりする気持ちはわかりますが、見ていても何も変わらず、パートナーの邪魔になります。

それに、どんなときも「ラリーは続く」前提でプレーします。次に自分が打つまでには時間がありますが、油断せずに十分に体勢を整えて待ちましょう。

このように、次のプレーへの準備を意識することが、ダブルスでは大事です。

パートナーの打ったボールに合わせて予測して動く

ダブルスでは、パートナーの打ったボールに合わせて予測して動くことも、覚えましょう。パートナーが、どのコースに打ったかによって、次にボールが来る確率の高いコースを予測できます。

卓球では、基本的にクロスコースに返球されやすいです。

これは、ストレートに比べてクロスのほうが距離が長いので、ミスをしにくいからです。また、相手ペアの癖や、ボールの回転などからも予測可能です。

例えば、パートナーが、相手のフォア側へカーブドライブを打ったとします。カーブドライブとは、ボールに逆横回転(上から見て反時計回りの回転)を加えたドライブのことです。

この回転は、ラケットに当たると、下図のようにこちらから見てフォア側へ飛びます。

なので、フォア側に返球されやすいことがわかります。こうした予測をすることで、自分がどこに動けばいいのかがわかります。

このように、パートナーの打ったボールに合わせて、予測して動くことも覚えましょう。

【期間限定】ダブルスでの動き方を習得して卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ダブルスの動き方:フットワーク・練習メニュー

ダブルスの動き方の練習で、効果的なフットワークメニューがあります。「フットワーク」とは足捌きの意味で、前後左右に動くことや、動いて打つことを指します。

この練習で、パートナーの体格やスイングに必要なスペース、足の速さなども確かめておきましょう。

・右右のフットワーク/練習メニュー

・右左のフットワーク/練習メニュー

それぞれについて、紹介します。

右右のフットワーク・練習メニュー

右右のフットワーク・練習メニューを紹介します。

まずは、フォアサイドで交互に打つ練習をします。このメニューでは、下図のように時計回りにクルクルと回って打ち、フットワークを鍛えます。

練習相手にゆっくりラリーを続けてもらい、しっかりと動くことや動き方を確認しましょう。打つことよりも、まずはフットワークに集中します。

パートナーと適度な距離感を保てているかも、チェックしてください。慣れてきたら、ラリーのテンポを速めます。

同様のメニューを、バックサイドでも行います。今度は、下図のように反時計回りに回って打ちます。

フォア・バックどちらの動き方でも、得意不得意がないようにしておきましょう。

そして、飛びつきの練習をします。「飛びつき」とは、バック側からフォア側へ大きく動いて打つことです。

これには、多球練習が効果的です。多球練習とは、複数のボールを用いて行うもので、ラリーをせず1球につき1回だけ打ちます。

下図のように、バック側に構えて、練習相手にフォア側へボールを出してもらいます。

このボールを、体を大きく使って打つ練習をします。

バックスイングのときに右足に体重を乗せ、これを軸に左足を大きく右に運んで打ちます。そして、右足を着地させます。

打ったら右方向へ抜け、後方を通ってバック側に戻ります。ちょうど、下図のようにです。

これをパートナーと交互に打ちます。大きく動くことや動き方、そして戻り方を覚えましょう。

以上が、右右のフットワーク・練習メニューです。

右左のフットワーク・練習メニュー

右左のフットワーク・練習メニューを紹介します。

まず、基本の「ハの字」で動く練習をします。下図のように、フォア側・バック側の両方でこのメニューを行ってください。

 

右右と比べて、パートナーとぶつかる心配はかなり少ないです。ですが、距離感のつめ過ぎに注意してください。体ではなく、ラケットが当たってしまうことがよくあります。

ゆっくりラリーを続け、慣れてきたら徐々にテンポを早めましょう。

次は、多球練習で「∞」を描くように動いて打つメニューです。

練習相手にフォアへ2球・バックへ2球ずつ出してもらいます。これを交互に打つのですが、動き方は下図のようになります。

「ハの字」に交差する動きを加えたもので、実戦に近い形です。

そして、右右と同様に、飛びつきの練習をします。このメニューでも、「∞」と同様に交差する動きになります。

練習相手に、右利き・左利きそれぞれのフォア側に、ボールを出してもらいます。飛びついて打ち、台の外側へ抜け、後方を通って戻ります。ちょうど、下図のようにです。

特に、左利きの選手は、フォア側を狙われることが多いので、このメニューをしっかりやっておきましょう。

以上が、右左のフットワーク・練習メニューです。

【期間限定】ダブルスの動き方やコツをマスターして卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

今回の記事では、卓球のダブルス動き方のコツや、フットワーク練習メニューなどについて解説しました。

初心者はまず、基本の動き方やパートナーとの距離感をしっかり覚えて、ラリー中に混乱しないようにしましょう。慣れてくると自然と動けるようになってくるので、焦らずに頭の中を整理しながら取り組むといいです。

動き方がスムーズになると、ミスが減って勝率が上がるので、がんばってくださいね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】ダブルスの動き方やコツを押さえて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ