卓球ボールのルール〜大きさ・直径サイズ・重さ〜

 
Pocket

卓球は、老若男女が楽しめるスポーツです。娯楽から競技まで、スタンスも幅広いです。

なので「一度はやったことがある!」という人が、多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな卓球のボールのルールについて、大きさや重さ・色などを解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】知っておくと役に立つ知識を通して卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ボールの大きさ・直径サイズ

卓球のボールの大きさは、直径40mmです。以前は38mmでしたが、2mm大きくなりました。

卓球は、ラリーが続かないことで競技性が低下していると、問題視されていました。このことから、ボールの大きさが変更されました。

確かに以前は、卓球をしていることを話すと「卓球はよくわからない」「見ていても楽しくない」と言われることが多かったです。

サイズ的には少しの違いですが、体積は約1.2倍になり、下の写真のように見た目の印象はずいぶん違います。

存在感が増したので、遠くから見てもボールがどこにあるのか、確認しやすくなりました。

そして、ボールが大きくなったことで、飛びにくく回転もかかりにくくなりました。これにより、ラリーが続きやすくなったことが、一番の変化・特徴です。

38mmでは回転が強烈過ぎて、相手のサーブをレシーブするのがすごくむずかしかったです。なので、サーバーが得点する、というパターンが多かった記憶があります。

40mmになってからは、幾分レシーブがやりやすくなりました。こんな風に、ボールのサイズ変更によって、返球率が上がった私はラッキーです。

このように、卓球のボールのサイズは、直径40mmです。

【期間限定】道具やルールの変遷を利用することで卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ボールの重さ

卓球のボールの重さは、2.7gです。これはルールで決められています。

ちなみに、38mmのときは2.5gでした。この重さの違いは、特に感じることはなく、打球感にも影響ありませんでした。こういったこともきちんと考慮された上で、ルール変更されました。

【期間限定】基礎知識を活かすことで卓球の上達が早くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ボールの色

卓球のボールの色は、白色です。オレンジ色のものもありますが、現在の主流は白です。

ボールの色は、38mmの頃に白色からオレンジに変更されました。その後、サイズが40mmになり、徐々にまた白色が主流となりました。

現在、オレンジ色のボールは、後述するラージボールのみです。

このように、卓球のボールは白色が、現在の主流です。

【期間限定】知っておくと役に立つ知識を通して卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球ボールのランクと値段・試合はスリースター

卓球のボールには、4段階のランクがあります。試合では、最高ランクの「スリースター」が使用されます。

ボールにランクがあるのは、完全な球体を精度よく、大量に作ることがむずかしいからです。なので、どの程度、完全な球体に近いかでランク付けされています。

ランクは★(星印)で表され、無印(星なし)から三つ星までの4段階です。

最高ランクの三つ星のものは、「スリースター」と呼ばれています。

上の写真の、青色の丸で囲った部分のように、三つ星マークのあるものがスリースターです。

地元のオープン試合から国際大会まで、多くの試合でこのランクのものが使用されています。普段の練習では、無印のものを使うことが多いです。試合球はスリースター、練習球は星なしという認識でOKです。

各メーカーが、それぞれのスリースターを製造・販売しています。値段は、大体3つで900円前後(1球当たり約300円)です。練習球も同様で、12ダース4000円前後(1球当たり約28円)です。

同じスリースターでも、メーカーによって打球感に差があります。一番硬いと感じるのはニッタク、次いでバタフライ、やわらかいのはTSPです。

このように、4段階のランクのボールがあります。試合で使用するのは、「スリースター」です。

【期間限定】ボールの特徴や特性を理解することで卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

ラージボールについて

最後に、ラージボールについて解説します。

卓球には、ラージボールという種目があります。これまでに説明したボールは、通常(硬式)のものです。

それに対し、ラージボールでは、44mmの大きさのものを使用します。

ラージは英語で「大きい」、ボールは「球」を意味します。名前の通り、大きなボールで競技する種目です。

卓球経験があまりない方は、ラリーが続かないことで、挫折してしまう方が多いです。そのため、昭和63年に考案されたのが、ラージボールです。卓球競技の普及と、レクリエーションスポーツとしてもみんなで楽しめるスポーツにすることを目的としています。

サーブやラリーなどの、競技ルールは硬式と同じです。しかし、ボールは直径44mm、重量は2.2~2.4gです。

硬式に比べて、大きいのに軽いことで、さらに空気抵抗が弱まってラリーが続きやすいです。また、ボールの色はオレンジのみです。年配の方向けと言われていますが、初心者の方が打球の感覚を掴むのにもおすすめです。

以上が、卓球のラージボールです。

【期間限定】知っておくと役に立つ知識を通して卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

ここまで解説したように、卓球のボールの大きさや重さは、ルールで決められています。

現在、硬式では40mmの白色ボールが主流です。ルール変更やラージボールの考案で、多くの人がより楽しめるものになりました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】道具やルールの変遷を利用することで卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ