卓球バックラリーが上達する5つのコツ!!

 
Pocket

卓球では、フォアハンドよりもバックハンドのほうが、難易度が高いです。

なので、「バックが苦手」「バックラリーが続かない」という人は多いです。私もかつてそうでした。

フォアハンドのように、バックハンドでもラリーを続けたいですよね。

今回の記事では、そんな悩みを解決するために、卓球のバックラリーのコツについて解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】バックラリーを通して卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックラリーとは

バックラリーとは、バックハンドで打ち合うことです。バックハンドは、利き手と反対側・手の甲側の面で打つことです。

下図のように、卓球台の左側の、対角線のコースで行います。

右利きと左利きではストレートコース、左利き同士では台の右側のクロスコースになります。

このように、バックハンドで打ち合うことを、バックラリーと言います。

【期間限定】バックラリーを身につけて卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球バックラリーのコツ

バックラリーのコツは、以下の5つです。

・体の前で打つ

・頂点を打つ

・相手コートへボールを送るイメージで

・ラケットの角度を調整する

・リラックスする

それぞれについて、解説します。

体の前で打つ

バックラリーでは、体の前で打つことがコツです。こうすることで、力加減が調整しやすく、安定して打つことができます。

体の横・左側で打ったほうが、威力のあるボールを打てます。しかし、コントロールがむずかしく、安定しません。

バックラリーでは、強く打つことよりも、確実にラリーを続けることが大事です。

このように、体の前で打つことが、バックラリーのコツです。

頂点を打つ

バックラリーでは、バウンドの頂点を打ちましょう。

一番高さのあるタイミングなので、ここを打つとネットミスをしにくいです。

打点が遅くなると、ネットミスをしたり、ラケットの角度を変える必要が出てきたりします。打ち方を調整するより前に、頂点を打つことを意識してください。

ボールとラケットの距離が合わないときは、腕を伸ばすのではなく、しっかりと動いて打ちます。

このように、バウンドの頂点を打つことが、バックラリーのコツです。

相手コートへボールを送るイメージで

バックラリーでは、相手コートへボールを送るイメージで打つことも、コツの1つです。

前述したように、バックラリーでは威力のあるボールを打つことよりも、確実に返球することが大事です。ラケットにボールを当てて、相手コートに運ぶように、コントロールしましょう。

これができるようになったら、きちんとスイングすることも意識してください。

このように、相手コートへボールを送るイメージで打つことも、バックラリーのコツの1つです。

ラケットの角度を調整する

バックラリーでミスをするときは、ラケットの角度を調整しましょう。

オーバーミスをするなら、ラケットの面を被せます。反対に、ネットミスをするなら、面を上に向けます。

こうした角度の調整は、バックラリーに限らず必要になります。練習をしながら、どの角度で打つと確実に返球できるのかを探りましょう。

このように、ラケットの角度調整も、バックラリーのコツの1つです。

リラックスする

バックラリーでは、リラックスして打つこともコツです。

ミスをしまいとして、ガチガチに緊張していると、力みが生まれます。これにより、ミスをしたり、フォームが崩れてしまったりします。

なので、自然な動きや流れの中で打つことも大事です。

このように、リラックスして打つこともバックラリーのコツの1つです。

【期間限定】バックラリーポイントを押さえて卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

卓球のバックラリーのコツは、以下の通りです。

・体の前で打つ

・頂点を打つ

・相手コートへボールを送るイメージで

・ラケットの角度を調整する

・リラックスする

1つ1つはむずかしくないので、確実に実践しましょう。きちんとやれば、すぐに身につくものばかりです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】バックラリーを通して卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ