卓球フォア打ちができないときは!この5つをチェック!!

 
Pocket

卓球を始めるとき、ほとんどの方がフォア打ち(フォアハンドで打つこと)から取り組みます。

しかし、これが「ラリーで続かない」「できない」と悩む人も多いです。

フォア打ちは、基礎の基礎です。これが不十分だと、今後習得する技術にも影響が出てくるので、しっかりマスターしておきましょう。

この記事では、卓球のフォア打ちができないときのチェック項目などについて、解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】フォア打ちが得意になって卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球フォア打ちができないとき

フォア打ちができないときは、以下のことをチェックしてみてください。

・足の位置やボールとの距離感

・前傾姿勢

・ラケットの位置や角度

・常に小さく動きながら打っているか

・リズムに合わせて打っているか

それぞれについて、解説します。

足の位置やボールとの距離感

フォア打ちができないときは、足の位置やボールとの距離感を確認してください。

これらが間違っていると、ストロークが崩れたり、ボールにうまく力を伝えることができなかったりします。

足の大きさの半分くらい、左足が前です。また、下図のように、体の斜め前45°付近で打球することが大事です。

相手ボールに合わせて、自分の位置や体勢を調整します。

このように、フォア打ちが入らないときは、足の位置やボールとの距離感をチェックしましょう。

前傾姿勢

フォア打ちができないときは、前傾姿勢になっているかを確認してください。

スイングや打点など、他のことに気を取られて、知らず知らずのうちに棒立ちになっていることがあります。

棒立ちでは、打球が安定せず、強打を打つこともできません。卓球では体全体を使って打てるように、基本的に上体を15°ほど前傾させた姿勢をとり続けます。

このように、フォア打ちが入らないときは、きちんと前傾姿勢をとれているかをチェックしましょう。

ラケットの位置や角度

フォア打ちが入らないときは、ラケットの位置や角度を確認してください。

ラケットが低い位置から打ち始めていると、オーバーミスをしやすいです。反対に高い位置からだと、ネットミスをしやすいです。相手ボールに合わせて、ラケットの位置を調整しましょう。

また、ラケットの角度も見直してください。オーバーミスをするときは、ラケットの面を被せます。逆に、ネットミスをするときは、面を上に向けて調整します。

以上のように、フォア打ちができないときは、ラケットの位置や角度を調整しましょう。

常に小さく動きながら打っているか

フォア打ちができないときは、常に小さく動きながら打っているかチェックしてください。

連続して同じコースで打つ場合でも、1球1球状況が異なります。ゆえに、それらを打つベストポジションも毎回違うのです。

その場で足を踏み替えるだけでも、効果があります。

例え手の届く範囲であっても、「ボールに合わせる」意識を持って、常に動くことを忘れないでください。これは、初心者〜上級者まで、レベルを問わず大事なことです。

このように、フォア打ちが入らないときは、常に小さく動きながら打っているか確認しましょう。

リズムに合わせて打っているか

フォア打ちができないときは、ラリーのリズムに合わせて打っているか、確認してください。

卓球では、ゴルフのように、自分だけのリズムで打てません。相手が打ったボールに合わせて、打つ必要があります。

なので、ラリーのリズムに乗って体や腕を動かします。こうしたほうがスイングしやすく、打球が安定します。

以上のように、フォア打ちができないときは、ラリーのリズムに合わせて打っているかも、チェックしてください。

【期間限定】フォア打ちのコツを押さえて卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球フォア打ちが上手になるためには

フォア打ちが上手になるためには、まず確実に返球することです。

ラリーが続かないと、打つ回数が必然的に減って、練習量自体が少なくなってしまいます。

ラケットの角度やスイングの方向、体の使い方などを調整し、とにかく返球第一に考えましょう。

卓球では、最後まで打ち返した人が得点するルールです。これが、すべての道理を物語っています。

このように、まずは確実に返球することが、フォア打ちが上手になるために必要なことです。

【期間限定】フォア打ちを制して卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

今回の記事では、卓球のフォア打ちができないときのチェック項目などについて、解説しました。

フォア打ちは、皆が当たり前のようにやっていますが、実はとても大事な技術です。

毎回きちんとポイントを抑えて、練習を重ねましょう!

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】フォア打ちが得意になって卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ