卓球戦型を変える前にしておくべきこと!変え方〜実例紹介も

 
Pocket

卓球をしていて「今までとは違うプレーをしたい」「戦型を変えたい」と思うことはありませんか?

技術が上達したり、試合経験を積んだりする中で、そう思うのは自然なことです。

これまでに戦型を変更している有名選手も多く、結果を求める上で必要な選択でもあります。

この記事では、そんな卓球の戦型を変える前にしておくべきことや、変え方などについて解説します。

どうぞ最後まで、お付き合いください♪

【期間限定】自分の特性に合った戦型の選び方を知って卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球・戦型を変える前に、明確にしておくべきこと

卓球の戦型を変える前に、明確にしておくべきことが2つあります。

1つは、戦型を変えたいと思う理由です。もう1つは、戦型を変えた後の、具体的なプレーのイメージです。

「何となく」や「かっこいいから」などの、ぼんやりした理由やイメージで戦型を変えても、効果はありません。ラバー代や練習時間などを、浪費して終わることになります。

なので、今の戦型での問題点と、新しく希望する戦型でのプレーイメージを、きちんと把握しておくことが大事です。

このように、戦型を変える前に、変えたいと思う理由と変えた後のプレーイメージを明確にしておきましょう。

【期間限定】個性を活かす戦型の選び方を知ることで卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球・戦型の変え方は2パターン

卓球の戦型の変え方には、以下の2パターンがあります。

・大胆に変える

・徐々に変える、ラバーだけを変える

それぞれについて、解説します。

大胆に変える

1つ目の変え方は、思い切って大胆に変えるパターンです。

例えば、ペンホルダーからシェークハンドになど、ラケットの種類をまたいでの変更があります。ペンとシェークでは、ラケットの握り方やバックハンドの打ち方が大きく違うので、根本的な変更となります。

卓球をはじめて半年〜1年くらいで、「どうしても今の握り方がしっくりこない」と違和感を感じている人は、このような大胆な変え方もアリです。

また、ラケットやラバーを買い直す前に、チームメイトの道具を借りて、いったん遊びでその戦型をやってみるといいです。「やってみたら違った」「今のほうがいいと気づいた」なんてことも、よくあります。

このように、戦型の変え方には、大胆に変える方法があります。

徐々に変える・ラバーだけを変える

2つ目の変え方は、徐々に変える・ラバーだけを変えるパターンです。

経験が2年以上になるなど、卓球についてひととおりの知識や技術がある人は、こちらがおすすめです。いきなり大きく変更しないことで、自分の強みを維持したまま、新しい戦型に移行できます。

例えば、シェークではバック面を表ラバーから、粒高ラバーに変えるなどです。変更要素が少ない・近いものほど、ラバーや戦型に慣れるまでの時間が短く済みます。

また、変更したものが合わなかったときに、元に戻しやすいです。

このように、戦型の変え方には、徐々に変える・ラバーだけを変える方法があります。

【期間限定】自分の特性に合う戦型を選んで卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

卓球・戦型を変えた実例

ここからは、戦型を変えた実例などについてです。

・ドライブ主戦型から前陣速攻型へ

・守備的から攻撃的なカットマンへ

それぞれについて、紹介します。

ドライブ主戦型から前陣速攻型へ

私はこれまでに2度、戦型を変えました。ドライブ主戦型から異質速攻型へ、そして前陣速攻型への変更です。

ラバーで言うと、シェーク裏裏(シェークハンドで、フォア面が裏ラバー・バック面が裏ラバーの意味)から裏表、そして表表です。期間は全部で、4年ほどかけてのものです。

ボールについてのルール改正がなされる以前は、威力は回転によるところが大きかったです。そのため、両面に裏ラバーを貼り、両ハンドドライブを打つことを目標とする、ドライブ主戦型でした。

しかし、体格や腕の可動域がこの戦型に合っておらず、バックハンドドライブは全然上達しませんでした。

そんな状況を見かねたコーチが、バック面を表ラバーに変更するように指示を出してきました。これは近畿大会が始まる、2日前のことでした。驚きながらも嫌な気はまったくせず、指示通りに変更して、試合に臨みました。

すると、シングルスでは難なく勝利して、ベスト8に入ることができました。結果が出るまでの時間は非常に短かったですが、それくらい戦型には、大きな影響力があることを実感した出来事です。

こうして異質速攻型となり、バック面で弾くように打つことや、器用なレシーブ・ツッツキなどを覚えていきました。そんなバックハンドの技術に合わせて、フォアハンドでもドライブを打つより、スマッシュやツッツキ打ちをすることが増えました。

そして「フォア面が裏ラバーである必要がないなぁ」と感じるようになり、フォア面も表ラバーに変更して、前陣速攻型・シェーク表表となりました。 自分らしいプレーができるようになったことで、その後の成績も伸び、より一層卓球が楽しくなりました。

ドライブ主戦型と前陣速攻型では、プレースタイルが全然違います。しかし、戦型の変更は徐々に行い、そのときどきの状況に合わせた結果です。

以上のように、ドライブ主戦型から前陣速攻型へ、戦型を変えた実例があります。

守備的から攻撃的なカットマンへ

守備的から攻撃的なカットマンへ、戦型を変更しつつある選手もいます。

カットマンは、ボールに下回転をかける「カット」という守備的な打ち方をします。フォアハンドでのこれが「ずっと苦手」ということで、試合では対戦相手によく狙い打ちされていました。

そこで、カットはバックハンドでだけ打つようにし、フォアハンドでは攻撃的な打ち方を中心にするようになりました。

カットマンからドライブ主戦型に変わることはむずかしく、時間もかかります。しかし、自分の弱点をカバーするように、プレーすることは素晴らしいです。

戦型の枠に捉われず、強みを活かしたり弱みを補強したりするような、プレースタイルにすることも選択肢の1つです。

このように、カットマンでも、部分的に攻撃型のプレースタイルを取り入れている選手もいます。

【期間限定】自分の特徴に合った戦型の選び方を知って卓球が上手くなる方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

ここまで、卓球の戦型を変える前にしておくべきことや、変え方などについて解説しました。

戦型を変えることは、悪いことではありません。リスクはありますが、より良いプレースタイルを構築するために、必要な決断でもあります。

技術や成績、タイミングなど状況を見ながら変えましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!!

あなたの卓球ライフを応援しています♪♪

【期間限定】個性を活かした戦型で卓球が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間37分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ